年中放送されているドラマ NHK編 その1

 

しゃんしゃんです。

 

皆さんはドラマは好きですか?

 

NHKや民放のテレビ局では年中、どこかのチャンネルをひねればドラマは放送しています。

 

ドラマには小説や漫画を原作にしたドラマもあれば歴史小説を元にした時代劇も放送されています。

 

今回はNHKで放送されているドラマの内、朝ドラでおなじみの連続テレビ小説について公開しようと思います。

 

 

連続テレビ小説は1961年から毎年放送されているドラマで台風があった日を除いてほとんどのドラマでは半年間、日曜日以外は毎日のように15分間放送されています。

 

放送時間は15分と短いですがNHKで何十年も放送されている長者番組といえるでしょう。さらに8時と12時45分で2回放送します。

 

例えば朝見逃してしまった人のために見られるように12時45分に再放送されます。朝見たことは見たけどもう一度見たいという人のためにもあるドラマですね。ドラマを見るのに1時間は取れなくても15分だけでも楽しみたい人にとっては魅力あるものでしょう。

 

 

今まで放送したドラマは原作のほとんどが小説で、その内のいくつかは実話を元に実在した人の名前を変えて放送されています。具体的にはドラマの原作者、有名な脚本家、名前を聞いたら誰でも知っているほどの有名な会社の創業者の半生を描いた物ですね。

 

今年は

 

3月まで放送された「わろてんか」

9月で終わった「半分、青い」

10月から放送されている「まんぷく」

 

どのドラマも実話をもとにしたドラマです。

 

例えば

 

「今から20年前は〇〇という名前の人がいてこんなことをしたんだ。その時はこんな風景で〇〇が流行っていた。」
というようにその時の世の中がわかるようになり時代背景の懐かしさを見て楽しめるように作られています。初めてドラマを見る人にとっては15分という短いドラマから見始めるのが良いかもしれませんね(^^♪

 

 

NHKは公共放送という事で民放に比べて放送している番組は教養番組が幾つも目立つせいか地味ですが番組の途中でコマーシャルがないので放送開始から最後まで話が途切れることなくドラマを楽しめる所が魅力ですね。

 

さらにドラマが放送中の時期はロケ地になった場所でラッピングバスが走る事があるほど世間で注目されるようになっています。

 

特に自分の地元の地域がロケ地になった時は嬉しくなってドキドキしちゃうでしょう。

 

次回はもう一つのNHKの長者番組である大河ドラマについて公開したいと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

The following two tabs change content below.
しゃんしゃん

しゃんしゃん

将来、会社通勤ができなくても困らない人生を目指すしゃんしゃんです。 「半沢直樹」がお気に入りの40代の一般市民です。 好きな言葉は「百聞は一見に如かず」と「目には目を、歯には歯を」です。 学校で教えて貰えなかったことを教えて貰える事を求めてネットで稼げる可能性を信じて参加しました。 まだまだ勉強中だけど自分と同じようにやりたいことを見つけられず思うような理想とする人生を かなえられなかった人に「人生まだまだ捨てたものじゃない。」と勇気づけて貰えるような記事を目指して書き込みします。 よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です