野球伝来150年を記念した、聖地・名所150選

もうすぐシーズンが終わって日本一や世界一を決める戦いが始まりますが、今年は野球伝来150年になります。
アメリカから来たベースボールが戦争を経て、WBC連覇や五輪制覇を経験し、日本の野球が世界を席巻しています。

野球は、戦略と戦略のぶつかり合いです。
ピッチャーが投げ、バッターが打つ。
それだけでは片づけられません。
なぜ遅い球でも見逃し三振がとれるのか?
なぜ足が遅い選手でも盗塁ができるのか?
なぜあんなところに選手が守っているのか?
様々なシチュエーションを、一番成功率が高い戦術で攻め続ける必要があります。
守っているから攻められないのではなく、守備のリズムが攻撃のリズムを作るのが日本の野球です。

パワーだけなら海外勢に負けます。
緻密とスピードがあるから、日本も世界と対応に戦えます。

多くの偉人が伝説を作り、新たな絆とストーリーを紡ぐ。

昔はベーブルースに勝った沢村栄治。
戦後、世界の本塁打王になった王、ミスタープロ野球長嶋率いた巨人のV9。
三冠王の野村、落合、松中。
400勝投手の金田。神様、仏様、稲尾様。

最近では、メジャーへの流出していると嘆かれていますが、メジャーでも活躍している選手はたくさんいます。
パイオニアとなった野茂、世界のヒットメーカーイチロー、ゴジラ、大魔神佐々木。
渡って日本に戻った松坂、黒田、松井稼頭央、和田、上原・・・。
現役で活躍中のダルビッシュ。二刀流で席巻している大谷。

そんな歴史を彩った150か所を選定しました。
その基礎は聖地・甲子園。
聖地を目指す球場、プロ野球の発展に貢献した球場跡。
日本の野球の歴史が学べる150か所です。

私は野球が好きなので全国いろんなところに行きました。

150選の中では、17か所に行きました。
代表的なものは、以下です。
・埼玉県(西武ドーム、県営大宮公園野球場)
・東京都(明治神宮野球場、東京ドーム)
・神奈川県(横浜スタジアム)
・新潟県(長岡悠久山公園野球場)
・山梨県(小瀬スポーツ公園野球場)
・三重県(倉田山公園野球場)
・兵庫県(阪神甲子園球場)
・広島県(MAZDA Zoom-Zoomスタジアム広島、旧広島市民球場跡)

あなたの近くにもありますので、ぜひ足を運んでみてください。

https://japanesebaseball150th.jp/

The following two tabs change content below.
Kaiya-Shiki

Kaiya-Shiki

野球と半導体を取ったら頭でっかちのおじさんです。 義務教育が終わってから、日本海まで行って、太平洋まで戻って、西から東に移動しました。 普通の経験をしていないので、いろんな情報をブログで発信していきます。 役立つ情報になるよう、日々勉強、日々精進していきます。 褒められると伸びるタイプです。 温かい目で見てください。
Kaiya-Shiki

最新記事 by Kaiya-Shiki (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です