リヒテンシュタイン、切手の街

前回はフェルトキルヒの雑貨店で見つけた、
ビオの商品をご紹介しました。

僕らは再度リヒテンシュタインへと向かい、
フェルトキルヒを後にしました。
時間にして20分くらい?
それくらいで着いちゃいます。
最初に向かったのは、
昨日到着と同時に消灯して閉まってしまったインフォメーションセンターです。

リヒテンシュタインは切手で有名なんですが、
インフォメーションセンターはお土産用の切手を販売しています。
たくさんのステキな切手の中から気に入ったものを、
記念に購入しました。

でも、切手の購入だけのために寄ったのではありません。

 

今までドイツ→リヒテンシュタイン→オーストリア→リヒテンシュタインと、
車で行き来してきましたが、
パスポートを見せやがれコノヤロウと言われたことはありませんでした。

EU加盟国にはビザが要りません。
ということは、入国審査はないので、パスポートにスタンプは押されない。

何かいやなんですよね。
何カ国訪れても記録が残らない。
現地の人からしたら何も困らない。
むしろ便利。僕らだって煩わしい時間がなくなって大助かり。
でも辺境の地、日本からきた僕らは記録に残したい。

 

そこで活躍するのがインフォメーションセンター(リヒテンシュタインのみ確認)!
ここでは入国のスタンプを押してくれます。

 

 

これは実感が湧きます!しかも2色!
イヤッホイ!

目的は果たしたので、出発してもいいんですが、
リヒテンシュタインにはファドゥーツ城というお城があるので、
行ってみようということになりました。

が、スーパーを見つけます。
フェルトキルヒで寄ったスーパーで、
海外のスーパーで楽しむことを覚えた僕らは、
ここでも行ってみることにしました。

もう普通のスーパー。
でもやっぱり面白い!

色々物色してると、見慣れた文字が目に飛び込んできました。

寿司キット?

寿司のり?

箸?え、箸?


日本でもタコスのキットだったり、ラザニアのキットだったりが売ってますが、
そんな感覚なんですかね。

でも、箸て。
アレかい?パスタの横にフォーク売ってる感じかい?
あ、アレか!
毛ガニとかの横にホジホジ(カニスプーン)を売ってる感じか!

 

まぁ、どうでもいいんですけど。。

 

そんなこんなでスーパーを出て、
いよいよファドゥーツ城に向かいます。

The following two tabs change content below.
ドロスケ

ドロスケ

1981年生まれ。日本大学卒。 ちいさなビジネスやっています。 グラフィックデザインなんかもやっています。 たまにドローンとばしたり、 お酒飲みすぎて記憶とばしたりしてます。 人は1日に平均23秒しか笑っていないという話を聞いて、 「これはイカン!」と思い、 どうにか、25秒、30秒と平均値が伸びる方法はないかと模索中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です