壁はそもそも壁ではない。

ネットビジネスで成功を得るためには

乗り越えなければならない壁があると言われる。

 

その壁は、目の前に立ちはだかっている。

壁の向こうは見えない。

 

壁の向こうには、楽園があるという。

金や時間に不自由しない楽園が。

 

壁の向こう側から来たという人がいる。

壁の向こうは楽園だと触れ回る人がいる。

 

壁の向こうは見えない。

向こう側の景色は、噂話でしか伝わってこない。

 

そこで、人は考える。

壁の向こうに行く方法を。

 

楽園に行くためには、

越えるべき壁があると考える。

 

その結果、

人は壁を創造してしまうのだ。

 

現実にはない壁を。

人のうわさのみにに基づいた、

困難さの象徴という壁を。

 

ならば、ネットビジネスにおいて、

成功という楽園は存在しないのか。

 

それは確かに存在する。

金にも時間にも不自由することなく、

人生を謳歌できる成功という楽園。

 

もちろん、成功した人も実在する。

ネットビジネスという手法で、

サラリーマンの10倍以上の収入を得ている人が。

 

一言で言うと、

成功者は存在するが

壁は存在しない。

 

ならば、

成功者は何を乗り越えたのだろうか。

 

乗り越えたという表現は適切ではない。

いつのまにか、通過していたのだ。

 

成功と失敗を隔てる分水嶺。

その高みを、

いつの間にか超えていたに過ぎない。

 

必要なことを、

学んで、実行して。

階段を一歩一歩登るがごとく。

 

足元の地盤を確固に踏み固めながら、

歩んだ結果、のぼりつめていたのだ。

 

では、今、現時点で

何も得ている物がない我々は、

どうすれば楽園にいけるのだろうか。

 

足元に土を運んで積み重ねて、

地道に愚直にただひたすらに、

足場を構築していくしかないのだろうか。

 

時間と努力を積み重ねていく以外に、

向こう側に行く方法はないだろう。

 

だが、何もかもを1から自分一人でやる必要はない。

足場を作るために、

どこから土を運んで、どのように積み重ねていくか。

 

その方法を知れば、効率は段違いだ。

あとは、一段一段登るだけ。

 

歩んで登る必要はない。

駆け抜けてしまうこともできる。

 

さらに言えば、

登る必要もないかもしれない。

 

「乗る」という決断さえしてしまえば、

まるでエスカレーターに乗ったがごとく、

自動で向こう側に行きつく方法もないわけではない。

 

その方法は、このスクールで学ぶことができる。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
iBSAビジネス心理術スクール

 

このスクールでは

地盤の固め方、ステップの創り方から、

スムーズな登り方まで学ぶことができる。

 

エスカレーターに乗ったがごとく

ほぼ自動的に、成功という楽園に導いてくれるスクール。

 

このエスカレーターに乗るか乗らないか。

成功という楽園に行くか行かないか。

それは、あなたの判断のみにゆだねられている。

 

判断の材料は、

下記をクリックして自分で手に入れるべきだ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
iBSAビジネス心理術スクール

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
きりたん

きりたん

お酒とお肉をこよなく愛する40代。 妻子を抱え、サラリーマンでお小遣い制の人生を歩んでいる。 もっと人生を楽しみたい!人生を楽しむためにはもっと自由な時間と自由なお金が必要なことに気づいたおじさんは、インターネットを使ってお小遣いを増やすことに成功する。 自由に使えるお金が増えると時間を楽しく使うことができることを経験する。さらに飛躍し、会社に勤めている時間をも自分の時間とすべく 収入アップへの階段を日々上り続けている。 日本のおじさんたちにはもっと元気が必要だ。そのためには、毎日会社に通いたまの休みも家族サービスや接待で費やし、少ないお小遣いをやりくりして安いお酒で我慢している、かつての私と同じような状況にいお父さんたちに自分の経験したお金を増やすテクニックを伝え、オヤジの威 厳を取り戻したパワーあふれる日本社会を築くべく、自分の得たインターネット収入の知識を世に伝え続ける。
きりたん

最新記事 by きりたん (全て見る)

壁はそもそも壁ではない。」への2件のフィードバック

  1. Manohiro Manohiro より:

    Manohiroと申します。

    壁の向こうの楽園を目指します。

    壁を取っ払って、

    金や時間に不自由しない楽園を目指します。

    1. きりたん きりたん より:

      Manohiroさん、コメントありがとうございます^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です