WBCにおいてホームランバッターはいらない!

今回のWBC日本代表の戦いを振り返って、チーム構成時から違和感を感じたので、それをまとめてみた。まず選手の選出だが、日本代表にホームランバッターは要らないと思う。

理由としては、決勝トーナメントに進むと、相手が強豪国になるうえ、一発勝負なので、相手はどんどん、いいピッチャーを投入してくるし、球場は、日本よりも広いからである。

そういった状況の中、アメリカ、プエルトリコなどのメジャーリーガーを揃えるチームとパワーで勝負しても、歯が立たないのは目に見えている。

もちろん、筒香選手の様に打率も高い選手は別だが、そうでない選手の場合は変わりに盗塁や、スチール、犠打が上手い選手を呼ぶべきだったと思う。

それが、日本が世界一を取った時に掲げた「スモールベースボール」ではなかったのか?

今回のWBC日本代表では「スモールベースボール」というスローガンがなぜか消えていたが、とても不思議だった。

日本が得意とする、「スモールベースボール」を実行していれば、十分に優勝のチャンスはあったと思う。逆に今回は結果としてベスト4という結果に終わったが、個々の実力によるものが大きく、これが今回のチームとしては限界だったように見えた。

 

準決勝のアメリカ戦も、菅野投手、千賀投手が、これ以上ない投球をしたからこそ、2失点で抑えられたが、他の投手だったら、こうも上手く抑えられただろうか?

その想像ができないのは、自分だけではないと思う。

逆に攻撃面では、1得点が妥当だったと思う。それにしても何故バットコントロールが上手い内川選手をアメリカ戦でスタメン起用しなかったのか?

確かに菊池選手は、値千金のホームランを放ったが、あれは、自分のエラーからくる、火事場のくそ力的なものだったと思う。日本人のバッターで、あのアメリカ戦の様な一回勝負において、ホームランを期待できるのは、元メジャーリーガーの松井秀喜選手の様な、足を高く上げなくても、ボールを遠くに飛ばす事の出来るバッターだけだと思う。

なぜなら、メジャーのピッチャーはタイミングがバラバラで、かつメジャーに挑戦している野手でない限り、初めての対戦になるからだ。いくらプロとはいえ、初めて対戦するピッチャーを打つことは難しいらしく、読売ジャイアンツもよく、初めてのピッチャーにおさえられている。

次の4年後には、野村克也さんの様な、野球を熟知した人に監督をしてもらえれば、必ず優勝できると信じている。

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
akimoto

akimoto

サラリーマン金太郎をこよなく愛する、3子の父です。 休みの日に、子供と色々な所にいくのが一番の幸せです。 高卒の私は、大卒の方に負けないように日々読書の時間はしっかりとる様にしています。 あなたの心に残る温かいブログを書きたいと思います。 宜しくお願い致します。
akimoto

最新記事 by akimoto (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です