え、これが無料、太っ腹のキャンプ場「飛ヶ森キャンプ場」

 

ゴールデンウィークを利用して4泊5日のキャンプに出掛けました。

毎年、この時期のキャンプは
お隣、山形県に行く事が多かったのだが、
コロナ渦の影響で他県には行けなくなっていた。

 

そのせいもあり、コロナ渦でのキャンプは
県内でひっそり楽しんでたのだが今年は自粛が解禁され、
久しぶりに県外にも足を運べます。

 

「どこに行くか?」から私のキャンプは始まっている。
事前に情報を仕入れ地図とにらめっこしながら
キャンプ場を探すのも意外と楽しい。

 

今回は「鎌倉殿の13人」と深いつながりがある
【奥州藤原の郷】に久々に行きたかったため岩手県に決定。

 

 

奥州市に近いキャンプ場を探しまくる。

そこで意外と無料で利用できるキャンプ場が多いことに気付き、
4泊する以上経費はあまりかけたくないので無料検索が始まる。

 

そこで見つけたのが「飛ヶ森キャンプ場」

 

選んだ理由は、

①奥州藤原の郷まで車で1時間程度である。
②何よりも無料である。(電話連絡は必須)
③車乗り入れ自由のサイトがある(乗り入れ禁止のサイトもある)
④近くに入浴施設がある

 

 

早速管理している「奥玉市民センター」に連絡して
5/1~5/5までの利用予約をする。
とても感じが良く無料で使わせてもらうのが悪く感じます(笑)

 

ところが5/1はあいにくの空模様、
私の住む仙台も曇りのち雨、
これから向かう一関市千厩町も曇りのち雨、降水確率60%

 

殆んど諦めて三陸道を気仙沼めがけて車を走らせる。

 

気仙沼中央インターで降りて国道284号を一関方面へ、
途中スーパーがあったので多めに食料を調達しました。

 

 

雨の中「飛ヶ森キャンプ場」に到着

4~5組がキャンプしていたが、
撤収して行って最後には3組だけの雨キャンプ

 

 

 

 

テント設営時に体が濡れて冷え切っている。

早くお風呂に入って温まりたい思いで、
時間は早いが近くの入浴施設へ向かった。

 

車で15分くらいのところに「大東ふるさと分校」があり
まきばの湯という入浴場を併設している。

ここはバンガローがあり宿泊もできます。

 

一人320円の銭湯、
冷えた体には最高のお湯、感謝です。

 

 

初日は雨キャンプとなり夕食を早めに済まして
眠りに就いたが寒くて何回も起きた。

 

この時期毎年キャンプしていて寒くて寝れないことはなかったのだが、
今回は寒さに悩まされた、歳のせいかもしれない(笑)

 

次の日からは晴れ模様、
多少風が強かったが陽が当たると暑い。

 

 

 

このキャンプ場自慢は、なんといってもトイレ
「えっ」と思うかもしれないが、
出来たばかりの新築トイレでウォシュレット、
とてもきれいで使い勝手が最高、100点満点です。

 

管理も行き届いておりトイレットペーパーもきちんと補充されている。
これで無料なのだから千厩町は太っ腹(笑)

 

翌日からは天気が良いせいか続々とキャンパー達が現れ、
あっという間にサイトはいっぱいになった。

車を乗り着けて15張くらいが限界だろうか、
慣れているキャンパーは、
ありとあらゆるところに基地を設営していた。

 

 

ここのキャンパー達は本当にマナーが良く、
夜遅くまで騒いだりしている人は居なく過ごしやすかった。

 

サイト乗り入れOKの無料キャンプ場
トイレは超きれいで使いやすい、
飲料水も飲み放題

 

知る人ぞ知っている岩手の無料キャンプ場、最高でした。

 

PS、
この時期キャンプ場内では、わらびが群生しています。
その他、こしあぶらやタラの芽、こごみもあり山菜狩りにも最高です。

The following two tabs change content below.
kamo

kamo

自然が好きでアウトドアが大好きな賀茂左近です。 15年前にタイの彼女と知り合い、タイの魅力に憑りつかれ移住を決意しました。 一度きりの人生! 「最後はタイの国で楽しく生きていきたい」 インターネットの環境さえあれば、タイでも収入を得ることができると思い1年ほど前にブログを手探りで初めて見たものの結果はゼロ。 そこで出会ったのがNLP、私の夢を叶えてくれる方法はこれしかないと思い日々学んでいます。 夢の実現へ向かって情報を発信していきます。
kamo

最新記事 by kamo (全て見る)

え、これが無料、太っ腹のキャンプ場「飛ヶ森キャンプ場」」への3件のフィードバック

  1. tsune より:

    こんにちは!
    「鎌倉殿の13人」観てますw
    え!?乗り入れ可能で無料!?めちゃくちゃいいですね!

  2. itchann より:

    山形へ遠征したとき、海岸に無料のキャンプ場があり、
    驚いた記憶があります。
    海水浴場の横でしたが、利用者さんたちのマナーが良くて、
    二度びっくりしました。

    関東甲信越の無料の場所で、そんな天国のような場所は、
    ほぼ存在しませんね。
    うらやましい限りです。

  3. sarukitikun より:

    こんにちわ、岩手県へキャンプする時はここ目指します~(^o^)丿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です