ディアゴスティーニ『バックトゥザフューチャーのデロリアン』やっと完成!

こんにちは、ナルカナです。

2年半掛けてやっと、ディアゴスティーニの『バックトゥザ

フューチャー』デロリアンが完成しました。週刊雑誌なの

ですが、私は4週間分をまとめて月一の届けにして一か月

を楽しんできました。全130号長かったです。

始めた頃は、2年半もかけて完成できるのか心配でしたが、

組み立ては毎号10分ぐらいで完了するので、初心者にも

わかりやすく簡単に組み立てることができます。

ほとんど接着剤は必要なくネジ止めで固定していきます。

小学生の頃は、プラモデルの組み立てにセメンダイン(接着

剤)を使ってパーツの表面にまではみ出すことが多かったの

ですが、そんな心配はありませんでした。また、彩色もして

あるので、煩わしいペイント塗装も必要ありません。

パーツのネジ止めには、2種類のドライバーを使い分けてい

きますが、これも付属品として1号に細いプラスドライバー

(00番)と10号に太いプラスドライバー(0番)がつい

てきました。親切に2種類のドライバーの使用方法の

マニュアルもついてきました。1号のリアバンパー、テール

レンズの組み立てから始まり、少しずつパーツを組み立て

て、130号のデロリアンの燃料を収納するプルトニウム

トランクの組み立てで完了します。

マガジンのページ数は薄いのですが内容は、その回のパーツ

の組み立てマニュアルと映画の撮影秘話・舞台裏、なぜか

『バックトゥザフューチャー』と関係のない車が出てくる

映画の裏話が半分以上で構成されています。(>_<)

デロリアンは、実車の8分の1のスケールで、全長:52.7

㎝・全幅:23.3㎝・全高:14.3㎝ ダイキャスト合

金製(一部ABS樹脂)でできています。

こだわりのディテールは、タイムトラベル機構のホース類

のパーツの多さ、車内のタイムマシンの日付をセットする

タイムサーキット、ライト類を制御するスイッチボックス

、前後点灯式フラックスバンド(青く光る帯)、点灯式

ヘッドライト、点灯式テールランプ、ブレーキを踏むと点

灯するブレーキランプ、点灯式ドア灯、点灯式室内灯、点

灯式ダッシュボード等。

豊富な可動部は、開閉式ボンネット、開閉式ガルウイング、

可動式エンジンルームカバー(タイムトラベル機構を装着

すると不可動)、可動式タイヤ(パートⅡのようにタイヤ

が畳める)、可動式シート、可動式ハンドル、折り畳み式

ドアミラー、可動式サイドウィンドウ等。

実に精密に再現されています。

実は、この『デロリアン』を作る前に、『ランボルギーニカ

ウンタックLP500』の制作もしていました。これは約1年

半をかけて完成しました。たまたまインターネットで、ディ

アゴスティーニの『ランボルギーニカウンタック』が目に留

まり、一目惚れで創刊号490円という安さも手伝って、近

くの書店で即購入しました。創刊号の付録がまた良かった。

カウンタックの真っ赤なリアウイングでした。定期購読を

注文したのは言うまでもありません。

しかし、2号からの料金は普通に1冊1890円、70号

まで続くと・・・結構な金額になり、秘密で妻には内緒で

カード決済を使用しました。(^.^)

完成後も、さすがディアゴスティーニさん、全号定期注文

の人には専用のデスプレイ台をプレゼント。太っ腹だぁ~。

そして、職人が手作業で作り上げたゴミがかからなくて必

需品だと思う、専用デスプレイ台カバー。しかしこれは、

プレゼントではなく、有料でした。もちろん「完成記念

ネームプレート」と共に購入しました。総費用:25万

円高いモデルになってしまいました。妻には3万円で完

成と言ってあります。

カウンタック完成に合わせて、自宅に『デロリアン』

のパンフレットが届いたのです。『バックトゥザ

フューチャーのデロリアン』とモデル車のライト部の

装飾が同じで、これも組み立ててみたいとかなり悩み

ました。でも、創刊号から130号までとなると・・。

総額:25万円、デスプレイ台とデスプレイカバーは

別売り、また完成記念ネームプレートも注文してしま

いました。支払いはこれからです。考えたくもないで

す。

製作を始めた頃は、まだ3LDK:5万円の家賃の集合住宅に

住んでいて、何とか妻にごまかしがきいたのですが、去年

、5LDKの中古の1軒家を購入しました。

さすがに、住宅ローンの支払いが集合住宅並みとはいかず

、子供たちの学用品もだんだん高くなり、支出分を少し節

約かな?とも思いましたが、『デロリアン』は譲れないの

で、妻には4万円で購入したことにして、毎月、足が出た

分は毎日飲むビールの本数を減らすことにしました。

そして、今『ランボルギーニカウンタック』と『バック

トゥザフューチャーのデロリアン』の2台を並べて飾っ

てあります。次もまた、スーパーカーがでたら製作した

いと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

The following two tabs change content below.
ナルカナ

ナルカナ

秋田市在住のシニアの星となるよう、日々努力 しようとしているナルカナです。 令和元年、サラリーマン(正義の味方補佐) 正社員最後の年、来年からは契約社員とし ての雇用となります。 もう収入の減額はきまっているので、なん とか成果をだして副収入を得たいと思って います。 パソコンは得意ではありませんが、第二の 人生を謳歌していきたいと思います。残り の人生折り返してますが、家族とともに楽 しく生活していきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です