成功したい貴方に朗報!成功の秘訣を発見。

成功したい貴方に朗報!成功の秘訣を発見。 自分とのラポールが重要だと聞いたことがありますか?

現状の今から成功に向かう変化の土台はキャリブレーション。 自分が自分にペーシングラポールリーディングそして・・・成功へ。

今回は、成功に向けて動きだすために必要かつとても重要な話をします。

あなたは、ラポールという言葉は、ご存知でしょうか?

簡単に説明しますと

ラポールとは、信頼関係が構築できた状態のことを指します。

コーチングをするときのコーチとクライアントの関係性や

コンサルティングするときのコンサルタントとクライアントの関係性を例に挙げると

コーチングやコンサルティングのセッションが円滑に進行するためには、

ラポールの状態が作られ、維持できていることが大切です。

このように、ラポールでは2者間以上の関係性を表す言葉になりますが、

ここでは、自分とラポールをとる話をしていきます。

「えっ!? 自分と自分でラポール?」と少し不思議に感じた人もいるかもしれませ

ん。

しかし、ある2人が同じくらい自己啓発や成功哲学を学び、同じ量の情報を獲得して

も一方は成功し、他方は成功しない、この差を生み出す大きな要因が自分とのラポー

ルの構築となっているのです。

もし、自分の成功に少しでも興味があれば、今回の話をお聞きください。

まず、以下の言葉についてご存知でしょうか?

「成功するか、成功しないかは、わずかな差に過ぎない。」
あなたは、もしかすると、成功哲学や自己啓発、心理学など、

いろいろな成功に関する情報に触れた経験があるかもしれません。

定番の書籍からの情報かもしれません。

また、知人や有名人の名言から知ったのかもしれません。

あるいは、そのような人の伝記や書籍、

あるいはインタビューやネットの情報からかもしれません。

または、セミナーや勉強会で手にした情報かもしれません。

DVDやテレビ番組からの情報からということもあるでしょう。

いずれにせよ

私も経済的な成功を手に入れたい!

名声や尊敬を勝ち取りたい!

幸せという成功を手に入れたい。

そんなふうに強く思いながらも一方では

そんなの運が良い人だけだよね・・・

一部の選ばれた人、才能がある人だけがうまくいくよね・・・

私にも、成功は手に入れられるのかな??

同時に、こんな考えも頭をよぎるかもしれません。

人間の脳には、成功を望む自分も存在します。それだけであれば良いのですが、

一方で違う意見(成功を望まない)がよぎる瞬間もあります。

真逆の意見がでたり、引き止めたり、諦めることに意識を傾ける意見を多くだして

自己説得したりポジティブなことを考えたと思ったら、それに対してネガティブになったり。

時間の経過の中で、今までの経験から、そして、その時その時の刺激により・・・

多様な意見、多様な心の声があまたに存在するのが普通です。

例えば、セミナーにでて、その時は、

「よしっ!私も成功に向かって、習ったことを習慣化し、毎日実践するぞ!

その為には、明日、明後日から準備に入ろう!」

そう硬く決意をして、セミナーを終了した次の日には、

「うーん、今日は忙しいから、準備は明日にしよう。まだまだ大丈夫」

そして、次の日には・・・

結局、実践しない。行動を起こさない。

こんな経験をされたことないでしょうか?

実は、成功する人は、成功に向けて、着実に一歩一歩進みます。

成功しない人は、成功しない道を一歩一歩進みます。

成功するか、成功しないかは、この差でしかありません。

その成功する人の脳内対話を紐解けば、

実は・・・高確率で誰でも成功する方法が見えてくるのです。

成功するための重要な要素としてあるのが、自分とのラポール。

これが、成功、そして長期的な成功状態を手にする原動力となるのです!

自分とのラポールとは・・・

「今までの自分」 と 「成功を手に入れる未来を描く今の自分」

この二者の間で、ラポール状態を作ることなのです!

成功するか、どうか?また、成功し続けるかどうか?は、

まさにこの二者の交渉といえます。

分かりやすく説明すると、「今までの自分」からの賛同が得られないから、

成功の行動をとり、その結果として成功の状態を手にいれるということが、出来ないのです。

「今までの自分」というのは、ある時、ある時で力を発揮し、現状の状態を作り出してく

れました。

言ってみれば、10年、20年、数十年かけて作り上げたとても強固な状態です。

それを変化させようとするのですから並大抵の力ではなかなか大変です。

さらに、人の習性として変化は危険と捉えますから、当然のことながら現状維持にベクトルが働きます。

つまりは、「今までの自分」が、

よし、変化は危険ではなく実際は安全だ!だから変化すべきだ!そして成功すべきだ!

私にとっても変化によるメリットが大きいじゃないか!

この状態になることがとても大切です。

現状維持をしたいという力より、変化によるメリットを求める力が上回った時に

人は成功に向けて動き出し、上回り続けた時に成功するまで行動を継続するのです。

現状維持を打破した状態の脳j内会話は、「今までの自分」と「成功を手に入れる未

来を描く今の自分」は、同じ幸せ、成功に向けて手を組むべきだ!

ポジティブ会話で満ち溢れた状態になります。

まさに、「今までの自分」と「成功を手に入れる未来を描く今の自分」が

WIN-WINの関係になること!

そのWIN-WINの関係を作ることさえできれば、成功は当然のl結果になります。。

そして、WIN-WINの関係を作るのに必要なことが、

2者のラポール状態というわけです。

 

自分自身とのラポール構築のうえで、たくさんの自己啓発の本、成功哲学の本があり

ます。しかし、それを読んで成功できる人と、成功しない人がいるのも事実です。

成功に向かって一歩を踏み出す人もいれば、

成功するまで継続して行動し続ける人もいます。

 

成功とは、「現状」から「成功する状態」に変化をすることです。

 

私自身の人生の中でどのようjな時に成功を手に入れたか振り返っても、

一瞬で変われた時、時間をかけて変われた時、変化しようと思い勇気を出して一歩

を踏み出した時、 無理なく変化できたときといろいろな変化のパターンを感じていま

す。

 

成功へ至る変化のパターンは、大きく分けると2つが挙げられます。

 

・インパクトの強さ×回数による変化

・セルフイメージが変化することで無理なく変われる時

 

まず、 自分の頭に浮かぶ言葉、脳内対話をキャリブエーション(観察)して

自分の内部対話の癖、傾向をつかむことにより、次に意識的に、対話に変化を与える

ことができます。

 

電車に乗っている時、歩いている時、トイレやお風呂に入っている時など

少しの時間、頭に浮かぶ考え、脳内での会話をよく観察してみましょう。

「ネガティブ発言が多いな。もう少し、ポジティブな発言が増えると結果が変わるかも?」

そう感じるかもしれません。

成功に向かう道に入るポジティブな発言の関数が

・インパクトの強さ×回数による変化

そして、内部対話の傾向が変わることで、「私は●●な人である!」

というセルフイメージにも影響が与えられます。

こういった脳内会話の傾向によって、成功するかどうかの分岐点があるように感じて

いました。

ラポールに、有効なペーシングとキャリブレーション。

「今までの自分」と「成功を手に入れる未来を描く今の自分」

この二者の交渉でどういった過程で成功への道に導くのでしょうか?

冒頭で申したように、私の意見では、

『自分を成功に向かわせるスタートラインは、自分とラポールすること』です。

現状維持派の「今までの自分」が、変革派の「成功を手に入れる未来を描く今の自分」

にリーディングされ共存共栄の原理で、成功への変革を実行します。

リーディング(誘導)がスムーズにいくためには、リード(誘導)する人が、相手とラポ

ールを形成し、ラポール状態になっていることが重要です。

ラポールをするためには、ペーシングすることが有効です。

つまりは相手とペースを合わせる、息を合わせるということですね。

具体的に書いてみると

「成功を手に入れる未来を描く今の自分」が

「今までの自分」と最初はペースを一緒にし、認めます。

そして、相手からの信頼を得てコミュニケーションを密にして、ラポールが取れた頃に

リーディング(誘導)をして、一緒に成功への変化を行います。

今までの自分と、これから考える自分とが、強固な関係を組んで成功の旅に向かう

感じですね!

ここで、リーディングして、ラポール状態を作っていくのに、必要なものがあります。

それが!キャリブレーション力(観察力)です。

自分とのラポールに向けて、まずは、脳内対話、内部対話のキャリブレーションをしま

しょう。

まずは、簡単に実行できるところから練習していきましょう。

そこで、内部対話のキャリブレーション練習をやってみましょう!

「成功を手に入れる未来を描く今の自分」が

『よし!私は、今から、インターネット収益を上げて成功したい!

その為に、まずはスカイプコーチングを受けて、行動を起そう!」

と自分の頭に投げかけます。

「今までの自分」は、どのような回答をするのか?

こうやって内部対話がスタートしていきます。

その時に、自分の内部対話の傾向をじっくりと観察していきます。

観察の方法としては、自分で、脳内で、1人ごとをつぶやきながら、同時に観察していきます。

同時が難しい人は、脳内の発言を文字化して書き出してもいいですし、

人がいなければ声に出して録音すればいいです。

重要なこととして、静かに集中して自分自身と対話できる場所で自分と内部対話して

ください。

場所は、自分の部屋でも、トイレでも、お風呂でも、散歩中でもかまいません。

ただし、録音したり、書き出すときはそれが可能な場所を選ぶ必要があります。

しかし、内部対話のキャリブレーションは慣れると

録音もなし、書き出しもなしで出来るようになりますので。

その時は、場所を選びませんね。

観察する内容としては、

自分の脳内会話はどんな傾向にあるのか?

ポジティブな発言数とネガティブな発言数の割合は?

ポジティブな発言の力強さは?

ネガティブな発言をする時の力強さは?

成功に向けて歩みたいということに対して、

それを拒否する言い訳や、引き止める理由がどれくらい発言されるでしょうか?

こんな感じで、どんどんキャリブレーションの練習を積んでください。

「成功を手に入れる未来を描く今の自分」が成功に向けた発言をしたら、

「今までの自分」と、どんな対話が始まるのか?

対話はどのような傾向になるのか?

傾向をつかむと、ペーシングするヒントがわかります。

傾向をつかみ、ペーシングするとラポールの状態を作りやすいです。

ラポールの状態になれば、リーディング(誘導)し、変化させられます。

今までの自分と、これから考える自分とタッグを組んで成功の旅に向かう準備を整えましょう。

ここでは、内部対話のキャリブレーション(観察)について話しました。

他、ペーシングやラポール、リーディングについては、

ビジネススクールの心理術講座などでも取り扱っていこうと思います。

 

まとめ

今回は、成功には自分とのラポールが重要であり

ラポールの状態を作るための第一歩として、

内部対話をキャリブレーション(観察)の練習をスタートすること!

ということについて、お話しました。

The following two tabs change content below.
英雄故事

英雄故事

東京出身横浜在住の二児のパパ、英雄故事です。仕事と育児に翻弄されながら日々を過ごすどこにでもいそうな40代のサラリーマンです。一時体を壊して休職してしまったことをきっかけに会社だけの収入に頼ることに不安を覚えインターネットビジネスに興味を持ちました。今は自分に合うビジネスを模索している毎日でさらに忙しくなってしまいましたが新たな刺激を得るという意味ではそれなりに楽しく過ごしています。ブログでは日々のたわいもない出来事etcを書くつもりです。どうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です