金脈は目の前に!大当たりを生み出すソーシャルネットワークとは?

 

こんにちは、Webライターのtakeshiです。

 

 

私がWebライターになったきっかけは

こちら をクリックしてご覧ください。

 

 

今回は「金脈は目の前に!大当たりを生み出すソーシャルネットワークとは?

 

 

についてお話致します。

 

 

現代はインターネットの普及により場所、時間に関係なく

 

 

人と人が国内ばかりで無く、世界中の人と人が結びつくようになりました。

 

 

そのおかげて、ソーシャルメディアを活用すれば、

 

 

高確率で成功し、富を生み出す事ができるのです。

 

 

ソーシャルメディアとは、フェイスブックやmixiのようなサービスです。

 

 

通常SNSと呼ばれてますね。

 


引用:news.livedoor.com

 

 

利益を生み出す方法には色々ありますが、接触方法や、媒体がちがっても

 

 

人と人の関わり合いにより発生するものです。

 

 

ネットビジネスでも同じことなのです。

 

 

例えば、ブログ、メルマガ、mixiそしてFacebookであろうと、

 

 

成功し富が得られるんですね。

 

 

=========================

どうすればそんな事ができるの?

=========================

 

 

それは、「あなたに富をもたらす人に出会う事」と言うのが、

 

 

私の答えです。

 

 

0~稼げる秘訣はSNSを活用すれば、必ずや成功する事でしょう。

 

 

====================

SNSの効果は絶大ですよ !

====================

 

 

他のメディアと比べてSNSの良さって何だとおもいますか?

 

 

「それは人とつながる」ことが意識され、特化している事なのです。

 

 

例えばこれは、ある社会心理学者が実験して検証された事なのですが、

 

 

もし、あなたがある有名人と直接連絡を取りたいとします。

 

 

でも、当然あなたはその人をTVでしか見た事がないし、

 

 

直接連絡などできるはずはありませんね。

 

 

そこで、あなたは「知り合いにあの人の連絡先しってる?

 

 

と聞いてもその人も知らないけど、あの人なら知っているかも。」

 

 

と芋づる式にたどっていきます。そうすれば、6人~7人あたりで

 

 

たどり着く事ができるのです。

 

 

これは「スモールワールド実験」といい、

 

 

6次の隔たり という言葉は有名ですね。

 

 

なので、「あなたに富をもたらす人と出会う。」には

 

 

6~7人を介せば可能なのです。

 

 

それが、SNS(ソーシャルネットワークサービス)を最大限に生かす活用法です。

 

 

ソーシャルメディアの本来の使い方や

 

 

機能をシンプルな視点で見て、活用すればよいのです。

 

 

どういった視点で、どこに焦点を当てて、

 

 

使い方を考えるか? 機能を見るか?

 

 

それが、成功の必勝法則なのです。

 

 

ソーシャルメディアを仲間と楽しく使っていると、

 

 

いつの間にか、自分の収益に還ってくる。

 

 

これってかなり面白い仕組だと思いませんか。

 

 

そのSNSを仲間と一緒に活用し、ノウハウや情報を共有し合い、

 

 

実践し「成功や富を得る為の方法」を教えてくれるのが

 

 

IBSA のBMTSなんです。

 

 

今、受講すると沢山の特典がついていますので、お薦めいたします。

 

 

ご興味の有る方は是非

こちら をクリックしてご覧になって下さい。

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
takeshi

takeshi

こんにちは。Webライターのtakeshiです。 大学卒業後、2年間のドイツ留学を終了した後、靴メーカーに就職。 15年程、勤務していましたが、その後独立し中国で会社を設立。 12年間ほど続けていましたが、諸事情により中国から撤退。 その後、インターネットビジネスに興味を持ち、ネット徘徊している時、 BMTSに巡り合い、塾生として勉強しています。 目標は一生お金の心配をせず、いつでも好きな時、好きな事をして、人生 を送りたいと思っています。 現在ルーマニアに住んでいますので、家族と一緒にヨーロッパ全国 を旅してみたいですね。

金脈は目の前に!大当たりを生み出すソーシャルネットワークとは?」への1件のフィードバック

  1. Manohiro Manohiro より:

    Manohiroと申します

    ネットの世界では、

    好みによって大きく変わるが、

    成功事例はたくさんあります。

    大きな目を開けて、

    焦点が合うものを早くみつけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です