スピード成功には

成功をしている人の話しを聞くとやはり違うなーって。

話をしていてもポイントからズレない.

まるで 釣りの上手い人がポイントを外さないのと一緒。

どちらもポイントがずれると成果が上がらない。

これは、釣りの世界でも一緒で。

例えば、何か超凄い宝地図を開けていても見かたがわからないのでは。

まるで、成功への道が明確に見れているみたいです。

成功者はゴール明確に設定をし

焦点を当て意識を強化しているみたいです。

そもそも ゴールをどうやったらできるかがしっかりとわかているみたいです。

どうして 目標の達成を確実に出来る事を確信しているのでしょう。

色々と調べて分かったことが。

それは、昔も今も成功者などで語られていることでした。

原理原則、法則、黄金律、金言、教訓などでした。

それがインプットされているからこそ成功するのだと。

周りがなんと言おうが 目標設定に完全な自信を持ち

そのゴールが正しいことを確信しているからこそ

ゴール(成功)するのだと。

そこで思いだしたのが釣具ウキメーカーの社長が過去に言っていたことを。

釣れても釣れなくても必ず反省会をしながら帰宅すると。

そうやってどんな条件でも 目標である魚を釣りあげると(ゴール)。

だからこそ その社長過去にトーナメントで入賞(成功)したのだと。

そして 釣具メーカーでも社長として成功するのだと。

成功する人って途中でも実際のゴール見えているのだと。

見えている者が全く違うから成功するだと。

そこで思いだしたのが 同じように頭に叩き込めば、できるやって。

超有名な自己啓発書に

始めは、時間のある限り読書する時間を作る事が大事と。

どんな日も読書にあけくれ重要な部分をメモし物凄く厚い本を、

何十回も読み事がで大事だと。

そんなページ数の本、1回読みきることもできない人が多いのに

同じ本を何度も何度も繰り返し読むまともじゃない。

それがいかに大事かを成功者は、わかったいるのだと。

それぐらいしないと、暗記レベルで頭に入らない。

まぁ、成功するなら、それぐらいしないと!

これは、当たり前ですよねぇ~」

正直、こんなことを完璧にできる人は少ないと思います。

しかし、これを読んで頂いた方は

成功のやり方が1つわかって良かったですね。

早速、ネットや書店に行って、自己啓発本を回って

毎日、読書時間をとって、何十回も読みましょう!!

っと、言いたいのですが。

こんなにやっても暗記できないですよね

結局、それでは時間もかかるし、続かないですよね。

最終的には、もっとラクで効率的で、暗記レベルでき

潜在意識までしみる簡単な方法を見つけたんですよ。

成功哲学書で成功者が勉強していた時代と、今は違うし

情報も物凄く多く、超忙しい人にピッタリで無理ない方法さがしたんですよ。

そんな超スピード成功をしたいかたなら そっちのほうがいいですよね。

スピード成功の方法をお伝えしたかったのに、

「そもそも、成功ってのは、成功するまで諦めないこと。

ニューロ言語プログラミングでも言われているけど、失敗というものはない。)

ただ、そこにフィードバックが存在しているだけ。全て経験だと)

問題は、どんな風にとらえるかだけ。

例えば、記事を数記事書いて、上手に書けた気がしないやり始めのころ。

上手くできない人は、それが原因で挫折でするね。

俺って向いてないはって。

成功する人は、同じ結果をこんな風に考える。

『最初はうまくいかない当たり前だと。

箸を使い始めた頃を思いだして頂ければわかると思う。

みんな最初は、苦労したはずだ。

全ては、みんなこんな事の積み重ねで 上手くなるよね。

成功するということは、こんな事だと思う。

だからインターネット収入は簡単だよね。

成果のでるやり方で

目標達成するまでやり続けるって。

これだけだから、やる気さえあれば成功すると。

このやる気を無くさない為に、結果を失敗ととらえるかどうかだと。

スピード成功の確率を上げるために

マインド系の4つのものが重要だと思っています。

高金額にならないように、注意を払い、

こんな内容で開発を進めたいと思います。

スピード成功に必要なものをオールインワンで!

これが、イビサのBMTSです。

 

興味が有ればご覧ください。

 

The following two tabs change content below.
平幸

平幸

釣り キャンプ 登山 ランニングを 楽しむ 58歳の親父です。アウトドアの楽しみ方や 料理などの記事を 書きたいなあーって 思っています。後 ランニングについてや ストレッチについても 記事を書いて 収入を取りたいなぁって 思いますので よろしくお願い致します。
平幸

最新記事 by 平幸 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です