成功の秘訣

あなたが成功したいのなら、まず成功者を真似てみることだ

 

夢をかなえたい・・・、幸せになりたい・・

 

成功者の意識、習慣を学ぶことで行動や考え方を身に着けるだけでいい。

 

★失敗は成功のもと

★諦めずにゴール目指す

★ポジティブ思考

 

トーマス・エジソン(1847~1931)は努力家と知られ、今も実用化されるぐらい近代的なものを発明した有名な方だ。

失敗すればするほど成功に近づいていけると考える人だった。

 

 

彼の言葉を引用しながら、「成功への秘訣」を紹介したいと思います。

 

 

人間が行動すると失敗や諦めが自然とでてきます。

成功者は、決して諦めないし、「失敗した~」などと思わない

 

●トーマス・エジソンの言葉:

  それは、失敗じゃなくて、その方法では、うまくいかないことがわかったんだから

成功なんだ

何度失敗しても、そのたびに再び挑戦する。

かなり情熱的だし、行動的!!

成功できる人っていうのは、思い通りにいかないことが起こる度に「当たり前」の前提で挑戦している。

夢を叶えるには何時間でも取り組む・・

 

「失敗」だと思わないこと、

チャレンジし続けること!

成功者は「芯の強さ」を持ち、自信をもってゴールを目指している。

 

 

常に前向き姿勢・・・前向きには前向きな経験が訪れてきてくれる

成功者には、情熱、ポジティブ思考、行動力がある。

●トーマス・エジソンの言葉:

  私は1日たりともいわゆる労働したことがない、

  何をやっても楽しくって仕方ないからだ

  

 

好きだと心の底から思い込むには、どうすれば良いのだろうか?

集中力を高める状態をどう、つくりだせばいいのか?

成功する人、しない人の違い

 

 

 

人間の脳は快楽の思考を持っている。

快楽なしでは何かに打ち込むことはできないようだ。

うまくドーパミンが出て、動機付けできれば最高の行動モチベーションとなる!

人間の脳は「報酬系」なのである。

 

親に褒められたい

異性にモテたい

周りから認められたい

 

快楽をパワーアップするには他人との比較で生まれやすい・・・・

集団での立ち位置

順位

 

優位である程、「満足」を感じやすい・・

 

成功を高める仕組み

●トーマス・エジソンの言葉

  私は、けっして失望などしていない

  どんな失敗もあらたな一歩となるのだ

  絶えず変化を求める気持ちと不満こそが

  進歩するために必要となる

 

成功する人ほど失敗重視

 

人間の脳はかなりやっかい・・

 

ここで人間の遺伝的な要素について考えよう

人間のDNA50%は「ポジティブ思考」「ネガティブ思考」を決定する部分と言われる。

環境は10%

自己コントロール40%と

ネガティブ思考(マイナス)の人が思考の癖を変えるにはかなり難しくなっている。

 

順位付けでドーパミン効果をあげる快楽思考でさえ、

勝てば最後だし、

調子が良いといいが、悪いとへこんで、不幸さえ感じる怖さがある。

 

トーマス・エジソンでさえ、本当はヤケになったり、諦めがちになった事はあるはずだ!!

 

★ネガティブはあっていいもの。

成功者は失敗に対し、考え方を切替、「これも勉強だ~」「失敗こそ学び(価値がある)」と捉える。

 

失敗をバネに前向きに

ネガティブ思考は危機感でいろいろな準備ができるからだ。

めんどくさい、やりたくないをポジティブ思考に・・

微妙に落ち込みやすいネガティブに気をつけ、

心を調整

心を養う。

 

面倒を続けるコツ

 

例えば「日記をつける」

日記が続かない人は多い。

セルフイメージの向上

小さいことからコツコツと

とにかく書く

箇条書き

ネタがない時はLINE、SNSで情報をとる

いろんな事をメモにとる

1行日記にする

テンプレート化(予定・天気・ニュースなど)

 

常に自分の中から前向きな自分を引っ張りだす行動を考える。

ポジティブ思考「楽観的、あれこれ悩まない」を活用しよう。

 

 

成功の確率を上げるために・・

トーマス・エジソンはうまくいかない方法をひとつずつ捨て、一歩一歩前へ進んでいった。

 

成功者ほどやっている無意識の法則

 

★ルーティン化をうまく使う

★後回しさえ習慣化にしよう

成功の確率を上げる

 

有名な野球選手の打席の入り方・・・

ラグビー選手のキック前のポーズ・・

ルーティン化をうまく使っている

 

普段の練習と同じように集中力を高める状態を作りだせばパフォーマンスを安定させている

 

視覚や聴覚、頭の中で考えるよりずっと染み込んでいく

そのうち、すっかり当たり前のようになり安心感は生まれる

身近にある

鏡に向かって「大丈夫」といった声かけも

自身の夢を紙に書く

習慣を重視、無意識のうちに成功へと導いていこう!!

 

 

成功への秘訣

私が一番に重要と思っていること!!

★自分にチャンスを与え続ける・・・

いっぱい失敗、

いっぱい修正

 

先ほどの日記を書く場合、

書くのが嫌になるなら、続かない・・・・

でも、自分を許しチャンスを与えさえすれば、

書く事ないから書かないでいい、

途切れても気にしなくていい

 

「ドンマイ、こんな時もあるさぁ~」

あらゆることに対し、立ち直ることば!!

 

自分を信じる可能性につながる言葉だ・・・私は大事にしている・・

なんでも新しいことを始めるには、緊張がある。

例え「よくやっているよ~」と褒められても、

もう少し早くできなかったのかと思い込みで自身を責め、

私はマイナス思考になりやすい。

そこから行動するには、気持ちの余裕がなく、かなり難しい

 

自分をいっぱい許そう

 

★★ネガティブはあっていい

★★後回しする事こそルーティン化で乗り切れる

★★自分を許し、チャンスを与えること

 

 

 

 

 

 

以上のことを身近にしていけば、成功は掴みやすくなると思われます。

 

 

感情に左右されず、ポジティブ思考で

前向きに 

 

人間の身体には、常に前向きな自分と後ろ向きな自分が存在している・・

 

すべては自分次第・・

 

試練というのは気づくまで幾度か繰り返される

 

いろんな知識を持つと

あれこれ、自分でやるには、かなり手間がかかる。

潜在意識のコントロールはかなり難しい

そこで、サポートする講座を考えてみるのもいいのかもしれない。

 

潜在意識を効率的に

お金をかけてもよいなら、その効果で自身のやる気に拍をつけられる

 

IBSAビジネス心理学の講座

 

レッスンが充実し、

新たな視点でマイナス要素がプラスに変えられます。

なかなか結果が出なくても、

講師陣のことばに勇気づけられ

サポートが実感できます。

ご検討くだされば、たちまち可能性を知ることになりますよ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
ただおみくん

ただおみくん

中学校でも問題を起こし高校も中退。黒川郡大衡村から企業内訓練校としてトヨタ自動車に入社。人間関係が上手く築けず退社。その後16歳から33歳までの17年間家族と音信不通とする。その間起業、結婚などするが自身のアディクションの問題で全て破綻。借金だけが膨らんでいく中アディクション(依存症)だけはどんどん悪化していく。アディクションの渦に巻き込まれ混沌とした人生を送る。一つに出会いからプログラムと出会いそのスキルを学びアディクション(依存症)からの解放を現実にする。ユニバーサルスタジオジャパンでポジティブインターアクションを学び働くということとサービスについて学ぶ。自身の経験を伝える為、認定アディクションカウンセラーや各種アディクション関連の資格を取得。現在沖縄にて依存症についての正しい社会的認知を上げる為にラジオなどのマスコミやセミナー等を通し幅広く活動中。一人でも多くのアディクトにメッセージを運んでいる。また人生をアートに!!を掲げ人生のドン底からでも最幸な人生を送る為に、人はいつからでも変われる体験を伝え成幸に導く道標となっていく!!をヴィジョンとし多方面で人生を大冒険中。
ただおみくん

最新記事 by ただおみくん (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です