リヒテンシュタインへの道で大パニック

ファドゥーツを出発した僕らは、
リヒテンシュタイン、スイスに隣接している、
オーストリアのフェルトキルヒへと向かいます。

時刻はもう18時を回り、あたりはすっかり暗くなっています。
暗く街灯もあまりない道をフェルトキルヒへと向かいます。

フェルトキルヒまでは、ロータリーは何度かあるものの、
道はほとんど一本道。迷うことはありません。

途中、工事によって、片側通行になっている道がありました。
日本と同じように簡易的な工事用の信号で管理されています。

前を走る車が片側通行の道へと入って行き、
僕もそれに続きます。

が、
道路わきの工事用の信号機を見ると、赤色の表示になっています。

ん?

赤は止まれのハズ。

そこで僕はブレーキを踏み、信号の前に踏みとどまります。

しかし、さすがはバカ。
なぜかここでテンパります。

アレ?前の人行っちゃったよ?

赤ハ止まれだよネ?

もしかしたら、この信号は別のものに向けての信号かもしれない! ←テンパり開始

だとしたら後ろの車に迷惑だよね?

心なしか、パッシングしてる気がするもん! ←気のせい

よし、行こう! ←??????(ここまで1.5秒)

そこで踏んでたブレーキをアクセルに踏みかえます。

「え?行くの?」
奥さんの清らかな美声が響きます。

「あqswでfrtgyっふじこlp;@:」

バカはなんて言ったか覚えてません。

すると後ろの車から、

「プァプァーン」

とクラクションが響き渡ります。

Q.ここでのバカの反応は?

A.このクラクション!「さっさと行けよ、このバカヤロウ」って言ってるんだな!

さらにアクセルを踏み込みます。
20メートル程進んだ頃、案の定僕らを包み込む、
柔らかな、それでいて激しい光が、僕らを照らします。

対向車のヘッドライトです。

一瞬で悟りを開きました。

「あ、ヤバい」

そう思ったバカは、右側の歩道の方へとハンドルを切り、
歩道と車道の段差をものともせず、歩道へと乗り上げました。

相棒の裏側と歩道のフチが擦れた音がしました。

そして、対向車はそのまま片側通行の道を走り去っていきました。

何とか事なきを得た僕らは、
リヒテンシュタインの歩道の上で、
さっきのクラクションを鳴らしてくれた車や、
その後続の車から、ジロジロニヤニヤの辱めを受けた後、
何事もなかったかのように、最後の車にくっついて、
片側通行の道を通過したのでした。

The following two tabs change content below.
ドロスケ

ドロスケ

1981年生まれ。日本大学卒。 ちいさなビジネスやっています。 グラフィックデザインなんかもやっています。 たまにドローンとばしたり、 お酒飲みすぎて記憶とばしたりしてます。 人は1日に平均23秒しか笑っていないという話を聞いて、 「これはイカン!」と思い、 どうにか、25秒、30秒と平均値が伸びる方法はないかと模索中。

リヒテンシュタインへの道で大パニック」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です