自分が成功するための地図

こんにちは。今日は自分が成功するための地図を手に入れるための方法について、お話しします。

お金持ちへの道案内となる成功地図を手にしたいですよね。

地図が間違っていると、目的地にたどり着けません。

地図の精度が悪ければ、目的地にたどり着くことは困難です。

地図が正しければ、目的地にたどり着くことは当然なのです。

 

まず、成功するために、自分自身に質問してみましょう。
NLPでは、「内的対話」と呼ばれるものですね。

質問の持つ力をNLPで学ぶことができます。

自分に力を与える質問(パワー・クエスチョン)、自分の成功に役立つ質問(ミラクル・クエスチョン)があります。

まずは、意識的に質問文章を読んでみるところからスタートしましょう。

毎朝起きたときや寝る前など、質問文章を読み、自分に質問して考えてみる体験をたくさんしましょう。

気が付けば、良い質問をきっかけに内的対話をしていることに気が付くでしょう。

自分の成功に役立つような質問を自分ですることが癖づくまで行ってください。

無意識的有能力のレベルになるまで、続けてみてください!

考えてみてください。

・成功を阻害する・成功に役立たない会話が、内的対話のほとんどを締めている人は成功しそうですか?
・成功に役立つ質問や会話が、内的対話の多くの締めている人の方が成功する確率は高いと言えませんか?

無意識的に、自分が成功する為の脳内会議を1年365日行い、それを何年もやっているのですから、当然、成功の確率は上がり続けますね。

1日に数万回の質問、数毎回の思考ということは、24時間の中でかなりの時間です。

その時間を成功に向けて有効活用する人と、無駄にする人の結果の違いは明らかでしょう。

内的対話の内容は、その人の判断基準=ビリーフを反映していることがあります。

すでに持っているビリーフ

内的対話でそのビリーフを使う

何度も触れるので刷り込み効果を生む

ビリーフが強化される

これを繰り返す、ビリーフ強化の循環ですね。

成功しないビリーフからスタートした場合、成功しないことを強化します。
成功に役立つビリーフでスタートした人は、成功率を上げ続けます。

成功ビリーフが成功を呼び込むのです。

人は現実を目の前にして、自分のビリーフを使って、自分なりの地図を描きます。

このビリーフの違いで、地図の違いができます。

成功地図を持つ人と、持たない人の差は、ビリーフの差と言う事もできますね。

目の前の現実から、成功地図を描きましょう!

成功哲学やNLPを学習して、成功地図を描くビリーフを手に入れませんか?

成功に役立つビリーフを、成功している人から学ぶことも良いでしょう。

その成功者のビリーフを元に、意識して内的対話をします。

会話の繰り返しでビリーフを強化していくことも可能です。

成功地図を描くビリーフを手に入れる為に、あなたもNLPを勉強しませんか?

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

The following two tabs change content below.
とろり

とろり

身体は大人!頭脳は子供! プラモデルやビデオゲームが大好きなとろりと申します。 頭脳は子供なので勉強が必要です。勉強しながら、みなさまのお役に立つような知識や情報を見つけて発信していきます。よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です