季節の移り変わりを感じながら歩こう!

こんにちは、元気にお過ごしでしょうか。

秋冷の候、寒暖の差もあり、体調面に留意してくださいね。
50代後半シニアWEBライターのフジトです。

秋真っ盛りですね。
季節の移り変わりを感じながら
健康の為に何か軽い運動をしてみませんか。

一般の人は日頃から特別に運動している人って
少ないですよね。

今回は【歩行の効果について】お話します。

健康の為に身体を動かしたい、
何か運動したいと思っている。

会社に行けばデスクワークで座り仕事の人、
立ち仕事であまり歩かず同じ所にいる方、
また、在宅でそれほど動かない人、

そんな方がいきなり運動を始めるのは
難しく故障の原因となります。

「さぁ、何をしようかな」と悩んでいるあなたには、
楽しく軽やかに消費エネルギー増と筋肉保持を図る。
いつでもどこでも誰でもできる

 

<歩く>ことをお勧めします。

それってウォーキング?それとも散歩?
同じ意味なのか?それとも違う言葉なのか?

《ウォーキングと散歩の違いは何か?》

それは目的の違いにあるようです。

ウォーキングは脂肪燃焼などの健康目的
早歩きで軽く汗ばむくらい程度までの歩行運動をします。

散歩は気分転換により、脳を活性化させます。
ぶらぶら歩きでも下半身の筋肉を鍛えることができます。
目に飛び込んでくる風景、風、音、匂い、温度を
身体で感じることが刺激となり
脳を活性化させるようです。

《ウォーキングと散歩どちらが良いの?》

目的の違いにより選択しましょう。
ウォーキングは腕の振りや姿勢を意識して速足で歩くので
散歩より消費カロリーは高いです。

脂肪燃焼の観点から考えると
散歩の時間を約1.5倍多く歩くと
ウォーキング的な大股でさっさと歩く(速歩)と
同じ消費カロリーになるわけです。

高齢者や体力に自信のない人が
軽い運動として行うのであれば
散歩でも十分な運動になるということです。

散歩の途中で坂道や階段を歩くだけでも
かなりの消費カロリーにつながることが
わかっているようです。

また、ベンチで休憩するときに
足や腕などをちょっと伸ばすストレッチをするだけでも
脂肪燃焼効果があるようです。

毎日では無理でしょうが、
散歩することで有酸素運動を取り入れて
脂肪燃焼させ、脳が活性化する。ということは、
頭にも身体にも良い事がわかりました。

散歩で心身ともに健康になれるということです。

さぁ皆さん、
自分に合った継続できる「散歩」を見つけましょう。

The following two tabs change content below.

フジト

みちのく在住、50代後半のWEBライターです。 この歳でインターネットの無限の可能性を知り、 ネットビジネスで収入を得たい気持ちが徐々に強くなりました。 これからのブログ活動の基礎となるライティングスキルを学び 多くの人に読んでもらえるブログを目指します!!

最新記事 by フジト (全て見る)

季節の移り変わりを感じながら歩こう!」への2件のフィードバック

  1. tonton より:

    おはようございます。
    ウォーキングは全身運動と聞きました。
    日本ならではの四季を感じながら歩く、て良いですね。
    近所の道で思わぬ発見もあり、気分が上がる事もありますよね。

  2. Manohiro Manohiro より:

    こんばんは、Manohiroです。
    私も朝に散歩をしています。
    散歩とウォーキングの区別があるとは知りませんでした。
      
    一人で歩くときは、一生懸命にウォーキング。
    連れと歩くときは、話をしながら散歩しています。
    休憩のときは、ストレッチをしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です