ニュープロが あなたをお金持ちにする

あなたは、「不可能だ」と思ってあきらめてしまっていませんか?

 

僕も過去はあきらめていた側でした。でも、そうしていたのも自分自身であるということに気づいたのです。

 

自分自身には既に何かをやり遂げる、不可能だと決めつけていることも解決できるリソースが備わっていることにです。

 

本記事で、解説していきますね。

 

不可能だと感じることをやり遂げられるチカラを人は持っています。

 

 

持っていますが、気が付かなかったり、使い方を知らなかったりします。

 

これは、とてももったいないことですね。

 

 

成功を目指す時に、「これをやり遂げたらいける!」と確信したにも関わらず、

 

すぐにこう思うことがあります。

 

 

「これをやり遂げたらいける!」

 

「けど・・・私には無理だ・・・」

 

 

成功を目指して、勉強して、情報を集めて、経験を積むほど、

自分の計画の精度が高いことを確信することができます。

 

 

【やったら成功者になることがわかっているのに、やらない】

 

 

これも成功を妨げる壁の1つですね。

 

 

もちろん、迂回して成功することが正解ということもありますが、

一度は、やれるだけやってみることも重要です。

 

やれるだけやってみて、その感触を掴み、

本当に迂回することがベストかを吟味することができますからね。

 

 

もし、迂回することがベストだとしても、

やる前からマイナスの感情を持つこともありません。

 

 

「やれば成功できるけど・・・私には無理だ・・・」

 

この考えが、頭の中で何度も何度もこだますることで、ステート(状態)はどうなるでしょか?

 

そうですね。

 

弱気の発言、ネガティブな発言が、頭と心を占有すれば、

それは、その人を弱い状態にすることは間違いないでしょう。

 

 

弱気の自己暗示が、弱い状態を創ります。

 

 

壁を目の前に、弱い自分になることは成功を阻害する要因となるでしょう。

 

 

やってみれば、実はできたことであっても、

弱い状態で望めば、達成できないようになります。

 

 

そして、迂回するとしても、弱い状態では良い代替案を見つけることも困難になります。

 

 

ニューロ言語プログラミングを使えば、こういった状態を回避することができます。

 

 

壁にぶつかってから、対応することも可能ですし、

 

成功の壁が来ることを想定して準備しておくことも可能です。

 

 

言葉のチカラを使うのもニューロ言語プログラミングの特徴のひとつです。

 

リフレーミングもそうですね。

 

そこに、K(体感覚)と絡めてワクワクというステート状態を発火させるアンカリングも利用できます。

 

 

いくつかのニューロ言語プログラミング技法を組み合わせ活用することも可能です。

 

 

例えば、やれば成功することで、難しい課題が見えたとき

 

「無理かも・・・からの・・・やってみる!」

 

ユーモアを交えた言い方をしてみるなどですね。

 

ユーモアは、ポジティブなステートを引き起こしますから。

 

 

文章自体のバーバル(言語)のチカラと、

言い方、声の調子というノンバーバール(非言語)のチカラの組み合わせですね。

 

ここに、腕など体の一部分を触ることやジェスチャーにリソースフルな状態をアンカリングすることをセットしてもいいでしょう。

 

リソースフルというのは、自分の持っているリソース(資源)を最大限に発揮している状態のことを言います。

 

物事を達成するのに最高の状態で、能力を発揮するイメージですね。

 

 

成功に向かって進む過程で現れる壁に対応しましょう。

 

もちろん、壁を感じる前から準備していけば、スムーズに壁を越えるチャレンジに入れます。

 

ニューロ言語プログラミングのテクニック、そして、脳内リハーサルでイメージしておくことで可能です。

 

 

まずは、自分の良いステートを呼び覚ます言葉を考えて、たくさんストックしましょう。

 

「できないと思ったら、やってみよう!できる!できる!」

 

「困難に感じたからそこ、やらねばならない!燃えるぜぇ」

 

「これは強敵だ!オラ、ワクワクすっぞ!やってやる!!」

 

「成功を妨げるかもしれない大きな壁を感じる!成功の兆しだ!

あ~、なんて登り甲斐があるんだ!最高にハッピー!成功間違いナシ」

 

 

ユーモアを交えることも効果的です。

 

 

ニューロ言語プログラミングのアンカリングテクニックを使ったエクセレントサークル、セルフアンカーと組み合わせましょう。

 

そして、壁にぶつかった未来の自分を想像して、リソースフルな状態を発火させてみましょう。

 

 

未来ペーシングの脳内リハーサルをするほど、備わってきます。

 

 

習得=強度×回数 と考えると、習得するまで回数を重ねることですね!

 

 

高い山を登るときに、プロの登山家や様々な備えを完璧にして登頂に臨むでしょう。

 

天候によっては、備えが万全でも、途中であきらめて下山を決断することもあります。

 

しかし、次の機会に、またアタックします。

 

登頂が成功するまでアタックする登山家が登頂を成功させるのでしょう。

 

アタックする前には、必ず、毎回、備えをしっかりします。

 

 

あなたも成功という頂を目指して、準備を始めましょう!

 

その途中に壁があるかもしれませんが、乗り越えるチャレンジをイメージしておきましょう。

 

その瞬間は、到底できないと感じたことを成し遂げるからこそ、

大きな成功を手にすることは多々あるでしょう。

 

 

現状、お金持ちじゃない状態から、お金持ちになるということは、

ハードルの高い目標に到達することと言えるかもしれません。

 

もし、そうであるなら、高いハードルを見た時に、

自動的にワクワクするステートになるようにステート・マネジメントしておきましょう。

 

マンガのキャラクターをモデリングしたり、イメージしたり、メタファーとして活用するのもいいでしょう。

 

 

圧倒的に強い敵を目の前に、逆にワクワクするキャラクターのイメージなど、リソースとして活用できそうですね。

 

自分をマネジメントしましょう!

 

自分のステートをマネジメントしましょう!

 

 

ニューロ言語プログラミングを学ぶことで可能です。

 

一緒に、ニューロ言語プログラミングを勉強してみませんか?

 

 

「学ぶ」ことであなたの能力を最大限に引き出すことができます。

 

さぁ、まずは始めていきましょう\(^o^)/

The following two tabs change content below.
takasan

takasan

takasanです。 私は40代ミドルの極めて平均的なサラリーマンで、人生の後半戦を充実させようとワクワクチャレンジ中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です