中国大連日記(一)

中国大連日記(一)

出発編です。

中国出発の当日に、何を思ったか部屋を掃除して、掃除機の中のゴミを捨てようとゴミ取り出しレバーを引いた瞬間??

 

ギックリ腰になってしまいました。家を出る30分前の事です。(>_<)

 

妻と娘は、とっくに中国里帰りしているし、当日、飛行機をキャンセルするのももったいないし、かと言って息子を一人で中国に行かせるわけにもいかず・・・

 

仕方なく、腰にシップを張りながら、秋田から仙台空港まで車を3時間半運転しました。乗車する時はいいのですが、降車するのが痛くて一苦労でした。

なんとか仙台空港に着いたものの、腰の痛みが続きソファーに座るのがやっとでした。

 

中国大連市までなのですが、直行便が無く韓国の仁川国際空港経由で行くことになります。昔は大連直行便があったのですが、東日本震災の後無くなりました。

腰を曲げながら、税関を無事通過。飛行機に搭乗して離陸する時重力が掛かり、またもや腰に負担が・・・ 😥

 

エコノミークラスなので痛みを我慢して、2時間仁川国際空港に到着。これが、ファーストクラスだったら腰の負担も軽かったかなと思う今日この頃です。

 

仁川国際空港に着いたのが夜だったので、乗り継ぎの中国大連行きは無く空港内で1泊です。空港内には無料の休憩室が2か所あり、30人ぐらいのベッドが用意されています。

流石に国際空港なので、いろんな国の人が入れ代わり利用しています。一人分ベッドに空きがあったので息子に利用させたのですが、周りがうるさく眠れなかったらしく、すぐ前の無料インターネットであそんでました。

息子と交代して、横になったのですが腰の痛みが和らぐことなく、ベッドとベッドの間隔が30㎝ぐらいなので隣の綺麗なお姉さんも気になってました。(^^♪

向かいの中東系のオヤジのイビキも爆音でした。結局一睡も出来ず、翌朝を迎えました。

昨日は、空港内の冷やし饂飩を食べたのですが、高い割に量が少なく、丼ぶりに氷が入っていました。味は値段と比べると???です。なので、朝食はパンとジュースにしました。

 

腰の痛みもあったので、早めに搭乗口に行って待っていたのですが、自分の待っている搭乗口は時間が近づいても人はまばらでした。大連行きは利用客が少ないと思っていたのですが、突然日本語のアナウンスがあり、「大連行きでお待ちの日本人の田口様、出発時間5分前です。急いで45番搭乗口までお越しください。」

搭乗口のカウンターを良く見ると搭乗口の変更案内が張り出されていて、変更に気付かずアナウンスがあるまで息子と二人30番搭乗口のソファーに座っていました。搭乗口30番から45番までは距離およそ300mぐらいあったように感じます。(^_^;) 腰の痛みどころではなく、バッグを背負って息子と猛ダッシュでした。途中スタッフの方に声を掛けられ、「急いでください。残り3分です。」チケットを軽く見せただけで、手続きもほとんどなく飛行機に乗り込んだ瞬間にハッチが閉められ動き出しました。

 

無事、離陸し大連に向かいました。

 

読んでいただきありがとうございました。

続きは次回、中国大連日記(二)で。

The following two tabs change content below.
ナルカナ

ナルカナ

秋田市在住のシニアの星となるよう、日々努力 しようとしているナルカナです。 令和元年、サラリーマン(正義の味方補佐) 正社員最後の年、来年からは契約社員とし ての雇用となります。 もう収入の減額はきまっているので、なん とか成果をだして副収入を得たいと思って います。 パソコンは得意ではありませんが、第二の 人生を謳歌していきたいと思います。残り の人生折り返してますが、家族とともに楽 しく生活していきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です