スピード成功の確率を上げる4つのメソッド

 

成功し続けている人と話をしていると気が付きます。

「確信している」ということに。

話をしていて、ブレが少ないというか
何か強烈な判断基準があることを感じますね。

まるで、成功の道が明確に見えているようです。
成功者はゴール設定をして、焦点を当て、意識を強化しています。

でも、そもそもゴールに確信をもっている理由は?
何か秘密があるんでしょうね。

なぜ?成功することが当然だと感じているのか?
目標の達成に確固たる自信を持っているのか?

ネホリハホリ調べてみました。

そして、わかりました!

昔から、今も成功哲学などで語られていることが答えでした。
成功哲学と呼ばれるものには、いろいろなものが紹介されています。

たくさんの成功者の事例、そこから導き出される
原理原則、法則、黄金律、金言、教訓など。

それが頭に入っていることが、

成功するのが当然である、
目標設定に確固たる自信をもち
そのゴールが正しいことを確信し

それによって、成功する人は
そのゴールも途中の道も実際に見えているかのよう振る舞い

「そりゃ、この人は成功するわ」
ということが見ていて感じるわけです。

なるほど!
じゃー、同じように叩き込めば、同じようになるじゃん。

で、ある人は、こうやって叩き込んでいました。

超有名な自己啓発書。
始めは、毎朝、早朝に起きて読書する時間を作ったそうです。
冬の寒い明け方も、毎日毎日。

メモをとり、感想を書き、線を引き・・・

600ページもある分厚い本を、何度も何度も読み返したそうです。

そんなページ数の本、1回読みきることもできない人が多いのに・・・
同じ本を何度も何度も繰り返し読むんですね・・・

それを聞き終えた私の反応・・・

「そりゃー、そうですよね!
それぐらいしないと、暗記レベルで頭に入らないですね
まぁ、成功するなら、それぐらいしないと!
当たり前ですよねぇ~」

正直、こんなことを完遂できる人は少ないと思います。

しかし、これをお読みのあなた!

良かったですね!
成功の方法が1つ、わかって。

早速、アマゾンや書店に言って、ぶっとい自己啓発本を回って
毎日、読書時間をとって、何度も、何度も読みましょう!!

っと、言いたいのですが・・・

その人は、こういっていました

「う~ん、それだけの読み方しても暗記できないよ。
結局、それでは時間もかかるし、続かないって気がついたんだよね。

でね・・・最終的には、もっとラクで効率的で、暗記レベル、
いや、潜在意識まで浸透する簡単な方法を見つけたんだよ。

んで、結局は、そっちばかりして、それでうまくいっちゃったよ。
成功哲学書で成功者が勉強していた時代と、今は違うから。
情報も多いし、忙しい現代人にピッタリで無理ない方法。
スピード成功させたいなら、そっちのほうがいいよ。断然いいよ!」

なんだ・・・それを早く言って欲しかった・・・

スピード成功の方法をお伝えしたかったのに、

「600ページの本を毎日読み、同じ本を何回も読む」

じゃ、喜ばれないですもんね。

おっと、聞き忘れるところだった。

「なぜ、成功哲学の原理原則、法則、教訓、金言、事例などを
暗記レベルで頭にいれ、潜在意識まで染込ませるのがいいんですか?」

「そもそも、成功ってのは、成功するまで諦めないこと。
ニューロ言語プログラミングでも言われているけど、失敗というものはない。
ただ、そこにフィードバックが存在しているだけ。
それをどうとらえるだけの差だってね
例えば・・・
アフィリエイトで記事を数記事書いて、上手に書けた気がしない初期段階。

成功できない人は、こう捕らえて、それが挫折の原因になるね。
『やっぱり私には向いてないのね。」ってね

成功する人は、同じ結果をこう捉える。

『最初は何でもうまくいかないこと普通
そのうまくいっていない感じが付加となり、筋トレみたい。
こういった積み重ねが、上達の道なんだよね!

成功するということは、簡単に言うと
とくにアフィリエイトとかインターネット収入は簡単だよね

成果のでるやり方で目標達成するまでの行動をする

これだけだから、

つまり、やる気さえあれば成功します。

このやる気がなくなる人、なくらない人の差を生むのが
さっきのフィードバックをどうとらえるかですね。

結果を失敗ととらえるか?
成功の兆しや、成功に向かっている一工程ととらえるか。

いちいち失敗ととらえると、いちいちテンションが落ちる。
テンションさがるから、行動の質も量も減る。

だから結果が悪くなる。

んで、テンションがさがって・・・

悪循環ですね。

こういった悪循環を断ち切るのも、成功哲学の情報を
頭に叩き込み、潜在意識に染み渡らせる効果の1つね」

なるほど!

いかがでしたか?

成功者が、成功哲学で語られる内容を知ろうとする理由が
わかった気がしてきましたね。

では、明日から早速、600ページの本を買い
毎日、読書の時間を取り、数十時間、100時間と
時間をかけて読みましょう。繰り返し読みましょう

それができないという人は。
成功哲学にはいろいろなプログラムが存在していますので。

成功哲学といえば
ビルゲイツなども触発された
長い歴史のある成功プログラムもあります。

たくさんの成功哲学プログラムがあり多くの成功者が利用していきました。

数十万円のものがあれば、全てそろえると
100万、200万、300万円のものがあります。

そういったものを利用するのも手ですね。

「せっかく教えてもらったけど・・・100時間とか
100万、200万円とか無理です・・・」

なるほど。
確かにそういう人も多いかもしれませんね。

需要がありそうですから、作って提供しましょう。

もちろん、作るなら、喜ばれるように
効率的で簡単にラクに、頭に入り、潜在意識に染込む方法の教材を作りますね。

スピード成功の確率を上げるためには、
マインド系のものも含め以下の4つのものが重要だと考えています。
①「成功哲学」
②「人間心理」
③「自己啓発」
④「ノウハウ」

数百万円とかになるといけないので、価格帯にも注意を払い、
こんな内容で開発を進めたいと思います。

スピード成功に必要なものをオールインワンで!

これが、イビサのBMTSです。
iBSA business mentalpsychological technique school

iBSAビジネス心理術スクールに興味があれば、
受講を検討くださいね。

長い間、昔も今も 成功に必要とされてきたコンテンツをオールインワンで・・・

 

いかがでしょうか?
マインド系、成功哲学が成功に役立つことを感じていただけたでしょうか?

これから成功に向うなら、オールインワンで揃っているものを活用してください。
スピード成功は魅力的ですからね!


こちらから無料進呈申し込みできます!!

 

The following two tabs change content below.
takasan

takasan

takasanです。 私は40代ミドルの極めて平均的なサラリーマンで、人生の後半戦を充実させようとワクワクチャレンジ中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です