一流ピアニストだって教本から

俗にいう、トップアフィリエイター。

その人達は、いったい、いつの時点で、

トップアフィリエイターたりえたのだろうか。

 

一流と呼ばれる人たちは、

アフィリエイトのみならず、

様々な方面で存在する。

 

テレビに出てくるピアニスト。

両手の指と、足までも駆使して

美しい曲を奏でるピアニスト。

 

その美しい音色を聴いて

美しい音を奏でる姿を見て、

憧憬の思いを抱く人は多いだろう。

 

まるで、ピアノを弾くために生まれてきたかのように、

ピアノが体の一部であるかのように、

我々一般人には見えてしまう。

 

彼ら、彼女らは、

いつの時点で

一流という壁の向こうに行けたのだろうか。

 

「おぎゃあ」と生まれてすぐに

一流ピアニストであったわけではない。

 

もしかすれば、両親が一流の音楽家で、

生まれながらにして音楽の道を歩むことを

決められていたのかもしれない。

 

もし、そうだったとしても、

それだけで、あれほどピアノを弾きこなせるだろうか。

環境という要素は否定できない。

 

だが、たとえ一流の環境があったとしても、

本人の努力なしには、

一流のピアニストになれないのは自明の理である。

 

 

では、

 

彼ら、彼女らは

どのような努力をしたのだろうか。

 

一番最初に鍵盤に触れたときに、

どのように触れたのだろうか。

その時点では、素人の我々と同じだったはずである。

 

では、彼ら、彼女らは

どのような教本でレッスンを始めたのだろうか?

 

 

子供向けのピアノの教本で

「バイエル」というものがある。

 

ピアノを習う子供の教本というと

何か特別なことが書かれているかとも思うかもしれないが、

内容は、「いたって普通」である。

 

最初は鍵盤に対する指の置き方、

指一本でも弾ける簡単な曲から始まるのだ。

 

バイエルは「1」から始まり、

内容のレベルが上がるごとに「2」「3」と

教本のレベルが上がっていく。

 

ピアノ教室では、バイエルに沿ってのカリキュラムが組まれ、

例えば、「〇〇君は、バイエルの1をマスターしましたね」

などと、上達具合の指標にも使われる。

 

で、

 

ピアノのバイエルと、

アフィリエイトと何の関係があるのかといえば、

「愚直に基礎から積み重ねる必要がある」ということである。

 

 

たとえば、

 

少々ピアノが弾ける、A君という子がいたとして、

バイエルの「1」ならば楽勝で弾けるからと、

「1」を飛ばして「2」から始めたらどうなるか。

 

結果は、全くついていけなくなるのである。

 

逆に、初めて鍵盤に触るB君という子がいたとして、

愚直に「1」からはじめたB君は、

わずか数か月で、「2」から始めたA君を凌駕する。

 

これは、ピアノレッスンでの常識だ。

アフィリエイトもまったく同じなのだ。

 

この違いは何なのだろうか。

A君の目指しているところは

「曲を弾く」「うまく弾く」ということだけ。

 

かたや、B君は

曲を弾くことではなく、

指の位置、それに対応して出る音を

身体に染み込ませていたのである。

 

最初から目的とするところの焦点が違っているのだ。

 

その結果は、短期間で身に見えて現れる。

 

ピアノは基礎が最も大切。

基礎の確立無くして、一定以上の上達は難しい。

アフィリエイトも、全く同様なのである。

 

では、アフィリエイトにおいて、

基礎はどのように確立すればいいのか。

 

ピアノにおけるバイエルのような、

全くの初心者を一流にまで引き上げる、

教本はないものか。

 

現時点で、バイエルに匹敵する教本といえば、

↓この、ルレアであろう。

ルレアは、たしかに優れた教本である。

ただし、アフィリエイトにおける目先の結果、

すなわち報酬だけを目指して実践してもうまくはいかないであろう。

 

ピアノのバイエル同様、

単調なレッスンを、愚直に、ただ愚直に

愚直に取り組むことこそが、一流への近道となるのである。

 

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
きりたん

きりたん

お酒とお肉をこよなく愛する40代。 妻子を抱え、サラリーマンでお小遣い制の人生を歩んでいる。 もっと人生を楽しみたい!人生を楽しむためにはもっと自由な時間と自由なお金が必要なことに気づいたおじさんは、インターネットを使ってお小遣いを増やすことに成功する。 自由に使えるお金が増えると時間を楽しく使うことができることを経験する。さらに飛躍し、会社に勤めている時間をも自分の時間とすべく 収入アップへの階段を日々上り続けている。 日本のおじさんたちにはもっと元気が必要だ。そのためには、毎日会社に通いたまの休みも家族サービスや接待で費やし、少ないお小遣いをやりくりして安いお酒で我慢している、かつての私と同じような状況にいお父さんたちに自分の経験したお金を増やすテクニックを伝え、オヤジの威 厳を取り戻したパワーあふれる日本社会を築くべく、自分の得たインターネット収入の知識を世に伝え続ける。
きりたん

最新記事 by きりたん (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です