WBC日本代表選手の不調

WBC選手日本代表参加選手の不調が続いている。
好調を維持している選手の方が少なく、巨人の菅野と坂本だけではないだろうか?
日本ハムの中田選手のように、故障している選手もいて、「WBCに参加した選手はペナントで苦しむ」というジンクスは、今回も続いている。

僕が巨人ファンなので、特に小林捕手の状態には驚いている。
WBC時には、4割を超すハイアベレージを記録していたのに、2017年4/17現在で打率が
1割にも満たない。失礼だが、投手並みの打率だ。
これは一体どういう事なのだろう。

考えられるのが下記の3点である。

1. ボールの違い
WBC球とペナントで使用しているボールが違うのでこれが、バッティングを狂わせている? しかし、WBC球の方がボールは遠くまで飛ばないと誰もがいっていたが、  打率がここまで、下がる要因にはならないだろう。

2. WBCにコンディションを合わせてトレーニングした為
これについては、確実にあると思う。
オフから、WBCに向けて調整を行い、国を代表して、あの激闘を戦い抜いたのだから
肉体的、精神的な疲れは絶対にある。
これが、調子を落とす一番の要因だと思う。
  解説者もこの点については、よくコメントしている。

3. 日本人ピッチャーの配球の違い
日本のプロ野球は、バッターひとりひとりの苦手なコース、バッティングの傾向を膨大なデータを基に各球団が研究している。
だから、よく新人一年目で活躍しても、2年目は弱点を見破られ全く打てない選手がでてくる。
小林選手に関しては、もちろんWBCで正捕手として各球団のピッチャーを、リードしたのだから、疲れは一番合ってもおかしくないと思う。
しかし、バッティングに関しては、今までのペナントレースの成績をみると、WBCがいささか出来過ぎていたのではないかという気がする。

今回のWBC代表選手もペナントレースで調子を落としているので、次回の参加は今まで以上に、見送る選手が増えてくるのでは、との見方もある。
これはファンとしてとても悲しい事だ。
なぜなら、普段プロ野球を見ない人も、今回のWBCは見た人が多いそうで、それが野球人気の下落を防ぐ事になると思うからだ。

参加の自由は選手にあるのは当然だが、たとえペナントで調子を落としても、今回の千賀投手、平野投手の様に一気に全国区になるチャンスもある。
野球ファンとして、是非多くのトップ選手が次回のWBCに参加してもらう事を願う。

The following two tabs change content below.
akimoto

akimoto

サラリーマン金太郎をこよなく愛する、3子の父です。 休みの日に、子供と色々な所にいくのが一番の幸せです。 高卒の私は、大卒の方に負けないように日々読書の時間はしっかりとる様にしています。 あなたの心に残る温かいブログを書きたいと思います。 宜しくお願い致します。
akimoto

最新記事 by akimoto (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です