WBC侍ジャパン クローザーについて

WBCがもう少しで始まります。メジャーリーガーの欠場。大谷選手の欠場と日本の戦力ダウンは否めませんが是非優勝してもらいたいです。
WBCにおけるチーム作りでは、僕がいつも疑問に感じる事があります。
それはクローザーを、本来クローザーではない投手が担う事があるの?という点です。
その、理由としては、どんなに優れた先発投手でも、慣れていない9回からのピッチングというのは、リスクが大きすぎる気がします。まして、立ち上がりの悪い先発投手は沢山いますし。まして、クローザーが総崩れという場合を除き、先発投手がクローザーを務めた場合のクローザーの気持ちを考えると ? と思ってしまいます。
もちろん、見ている方からは、普段見られない場面でのピッチングを見る事ができるので、
とても面白く感じますが、違和感を感じずにはいられません。
ご存知の方も多いと思いますが過去のWBCの成績は下記のとおりとなっています。
第1回大会  優勝 監督 王貞治  MVP 松坂大輔
第2回大会  優勝 監督 原辰徳  MVP 松坂大輔
第3回大会  優勝 監督 山本浩二 MVP ロビンソン・カノ(ドミニカ共和国)
これを見ると、松坂大輔(現ソフトバンク)の凄さが際立っていますね。
2017シーズンのキャンプは、体重も10kg減量し、とても調子が良いそうですので、是非、復活してほしいです。
また、第1、第2大会に続き今回は唯一のメジャーリーガー青木宣親選手も出場します。
ちなみに、青木選手の2016年シーズンの成績は2割8分3厘でした。
今回も、活躍を楽しみにしています。また、過去の大会を経験している選手として是非
チームを引っ張っていってほしいと思います。
最後に今大会のスタメンを勝手に予想したいと思います。
1.    青木宣親(外野手)
2.  菊池涼介(三塁手)
3.  坂本勇人(遊撃手)
4.  筒香嘉智(DNA)
5. 山田哲人(二塁手)
6. 内川聖一(一塁手)
7. 松田宣浩(DH)
8. 鈴木聖也(外野手)
9. 秋山翔吾(外野手)
<MVP→ 菅野智之>
筒香選手の4番は確実だと思います。日ハムの中田選手が4番という声もありますが、確実性からみて筒香選手の方が一枚上手だと感じます。
内川選手に関しては、前回大会でのダブルスチールでの走塁ミスがありますので、今回はきっとその分もやってくれると思います。
短期決戦なので、青木選手、内川選手の経験値が必ず必要になってきます。
MVPには、菅野選手を選ばせてもらいました。(巨人ファンという事もありますが)
個人的には、安定感は日本で一番のピッチャーだと思っています。
なんといっても2016年シーズンの途中まで防御率驚異の0点台ですから・・・
本来の力を発揮できれば、力強い打線をバックにMVPをとる確率は高いと思います。
みんなで日本の優勝を願い一緒に応援しましょう!!
The following two tabs change content below.
akimoto

akimoto

サラリーマン金太郎をこよなく愛する、3子の父です。 休みの日に、子供と色々な所にいくのが一番の幸せです。 高卒の私は、大卒の方に負けないように日々読書の時間はしっかりとる様にしています。 あなたの心に残る温かいブログを書きたいと思います。 宜しくお願い致します。
akimoto

最新記事 by akimoto (全て見る)

WBC侍ジャパン クローザーについて」への2件のフィードバック

  1. タカ タカ より:

    こんばんは。

    筒香には活躍してもらいたいです。WBCでは日本チームは長打が少なくなってしまいますが、本塁打量産してもらいたいです。
    クローザーは誰になるんでしょうね。楽しみであり不安であり、という感じです。

  2. アキモト より:

    タカさん。コメント有難うございます。
    筒香は、期待できると思います。
    クローザーの問題もありますが、投手陣はWBC球を
    どれだけ克服しているかですよね。
    下手をすると、あっさり負けてしまう気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です