イボミのスイングは究極なレベルスイング

芯で打てば曲がらないで飛ぶ、
当たり前だが難しい。

ヘッド軌道がオンプレーン、だからブレない、
当たり前だが難しい。

イ・ボミの美スイングはゆったりスイングの代表。
ゆったりだけど飛ぶ?どうして?


イボミのヘッドスピードは40m/s

イボミのヘッドスピードは40m/s前後で一般ゴルファー
と変わりません。

でもなぜ240ヤード~250ヤードも飛ぶのでしょうか?

それは、高効率なインパクトです。

そのインパクトを生み出すのは
再現性の高い緩やかなインサイドアッパー軌道です。


1、アドレス
しっかりスクェアを作る。
体のスクェア感を徹底させています。
イボミのアドレスはどっしりした完璧なアドレスに
宿っています。

2、テークバック
始動30センチを真っすぐ引いています。

低く、長く、ゆっくりと動かすのがポイントです。

3、バックスイング
お尻を回転させる。
体重移動は意識していないようです。
イボミのバックスイングはお尻を意識しています。

4、トップからの間
切り返しのタイミングはトップで一瞬止まる
「間」です。
この間を作るためにバックスイングはゆっくりと
上げているのです。

要は打ち急がないことですね。

5、ダウンスイング
ダウンスイングをオンプレーンに入れています。

ダウンスイングで右足(右ひざ)が前に出ないように
我慢すると両腕の形がキープできます。

6、インパクト
インパクトでの左腕の形を大事にしています。
そのために左手首、左腕の角度を崩さないように始動
しているのです。

正確なインパクトを生み出すための重要な
ポイントは両腕のアングルが崩れないことです。

ゴルフで一番大事なのはインパクトです。
%e3%82%a4%e3%83%9c%e3%83%9fimg_1444-1
インパクトでフェースが正確に戻る事。そのために、
その場でお尻がクルッと回転することをイボミプロは
意識しています。

肩や腰というよりお尻をその場で回す意識。

その場で回れば腕の通り道ができます。

結果スムーズな左腕リードで振り切れる、左右よじれ
ない球はこの回転力から生まれるのです。

イボミはクラブのエネルギーを効率よく出すのが
とても上手です。

ダウンスイングで右肘を脇腹につけることで、クラブが
体の近くを通り力が逃げない、強く、正確なインパクト
を迎えられるのです。


イボミプロのデータを紹介します。
ヘッド速度:40.4m/s

スピン量:1964rpm

初速:61.9m/s

打ち出し角:15度

フェース角:0.1度クローズ

入射角:2.4度アッパー


ドライバーの飛距離

トータル:258.5ヤード

キャリー:230.1ヤード

弾道頂点高さ27.0ヤード(150ヤード地点)

計測:トラックマンジャパン

スマッシュファクター(ミート率)=
ボール初速÷ヘッドスピード

61.9÷40.4=1.532

ミート率が常に1.5を超えています。
これはヘッドの力が極めて効率良くボールに伝えている
証拠です。

高度なテクニックですが・・・
入射角はアッパー気味に入れつつも、ハンドファーストに
当てることで軌道に対してロフトが適度に立った状態で
インパクトするため、スピン量が抑えられランのボールが
出るのです。

イボミを高校生時代から教えているチェ・ボムスプロは、
2011年頃のイボミのスイングはフォロースルーが
アウトに抜けてフックが強かったと言っております。

それが2015年頃からはオンプレーンに乗ったフォロー
スルーに変わってきました。

それは、テークバックの始動の仕方を注意深く整えた結果
です。

今では、頭を動かないように練習を重ねて安定したスイング
になっています。


アプローチ&パッティング

%e3%82%a2%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%81
どんな状況のアプローチでも手首の角度は崩れません。

アドレスで決めた手首の角度はフォローまで変えません。

パッティングも不動の軸を練習で繰り返します。
そして、肘を体から離さないでストロークします。

それは、繊細な感覚の手先に頼ってストロークすると、
再現性が低くなるからです。

両肘を体につけ、つけたまま打つことで、肩が主役の
ストロークになり勝負どころでも強くなるのです。
手先だけでヒットしないパットもボディーモーション
で打っているのです。

The following two tabs change content below.
31chan

31chan

【40過ぎたら自分年金】 定年後は年金では生活できない。 40代に入ったら自分年金で老後に備えましょう。 40代のビジネスマンは会社組織の管理職で責任も重いですよね。 でも、定年まで働いても、厚生年金を貰える受給年齢は年々上がり逆に 受給金額は下っています。 もしかしたら年金はもらえないかもしれません。 ですから自分年金を始めましょう。 旦那様を支える奥様、自分年金を確保しましょう。 副業のネット収入で自分年金を確保しましょう。 私は定年後にネットビジネスを勉強しました。 正直いろいろな塾に参加しましたが身につきませんでした。 そんなシニアでも楽しく学びながら収入が得られる塾に 今回出会いました。 楽しく生活し将来の不安も解消できる塾です。 旦那様が忙しければ奥様でも参加できる塾です。 シニアだからより解るリタイア生活。 実生活からの楽しいブログをお届けします。 40代の方々、今から自分年金を始めましょう。

イボミのスイングは究極なレベルスイング」への2件のフィードバック

  1. tonai より:

    最近、確かに力でなく如何に芯に当てるかがよく分かってきました。ゴルフは年齢に関係なく楽しめることがいいですね!!応援しています。

  2. 31chan 31chan より:

    tonaiさん、ゴルフ楽しんでいますか!コメントありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です