30代の自分づくりに必要な土台のきっかけを作ってくれる本。

ryoujiです。

いつもありがとうございます。

今自分が住んでいるところは雨がかなりの勢いで降っています。

近くに小学校があって、昨日運動会がある予定でしたが雨のために延期になったみたいで、保護者の姿を多く見かけました。

この時期に盛り上がるイベントの一つでもありますね。

 

 

雨で中止になったのは残念でしたが違う日に延期になるみたいです。

今日は雨の日にはこんなビジネス書はいかかでしょうか。

今回はこんな本を紹介します。

 

あたりまえのことをバカになってちゃんとやる

小宮一慶

サンマーク出版

2009/4/13

 

この本を見たときは当たり前すぎることしか書いてないな思ったのが第一印象でした。

その当時はビジネス書はとても好きで読み漁っていてその中の一つだったのを今でも覚えています。

 

ほかの本に比べるとインパクトがないし、あれほどベストセラーを連発している小宮さんにしてはこんな本も出すんだと思っていました。

じゃあ、今この本を進めるんかと突っ込まれそうですが、今だからこそ読んでほしい一冊だからです。

 

本が発売された当時はまだ何も考えてない二十代でしたが、今は家族を持ちながらも自分というものを確立していくための大事な時期と自分ではとらえています。

そんな自分に何が必要なのかと考えたときにここに書かれていました。

何を手に入れるかよりも、どのように生きるかということを徹底したほうが、結局は成功する。〈抜粋〉

手に入れることこそが人生に必要と勘違いをしていました。

改めて自分を振り返った時、何かを手に入れることよりも自分がどんな生き方をしたいかをよく考えるきっかけを作ってくれた本だと思っています。

そして、自分が生きる上で大事なことがもうひとつ書かれていて、これも意識して実践するようにしています。

それは、

怖がっていたらなにもできない、何も変わらない。

自分もそうですが今でも怖いものだらけです。

新しいことに挑戦することには特にそうで、なるべくなら避けて通りたいです。

けど、言葉の通り怖がっていたらなにもできないし、なにも変わらないです。

どんなことにも怖いながらも自分の中で挑戦し続けています。

こうやって書くことも実は怖かったりします。

それでもなにも変わらないでいるよりも半歩でも前に進みたいし、少しでも進歩したいと思いながら書いています。

30代を過ごしてみて、人も仕事も環境も20代と全然変っています。

そんな変わっていく中で自分をしっかり持つことの大切さを大事にしていきたいと思わせてくれた一冊です。

そして、継続することの大切さを教えてくれる勉強もおすすめの一つです。

http://bitly.jp/?6rr1n9h1

The following two tabs change content below.
ryouji

ryouji

書くのが大好き、ryoujiです。 アフィリエイトだったり、読んでくれる人がやり気になるblogを書いていきますのでよろしくお願いします! 夢は海外旅行に行きたいこと、それも英語を通訳なしでいきたいです。 それに加えて、世界の一流ホテルも堪能したいです! まずは自然体でいきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です