成功する秘密と成功の自動化

どうも!ハルです!

今回は成功者が成功する秘密や成功の自動化方法についてです

「人の基本性質を知り、うまく利用する」のが賢いやりかた!?

快楽原則という言葉があります
人が「快」を求め、「痛み」を避けるという性質になります

人によってさまざまだと思いますが、だからこそ多様性が生まれ、成功できる人とできない人が生まれるわけです

2020

その性質を知ることによって、成功に向けての活用法を知ることができます

しかも、他力本願で自動成功につながるとしたら、成功に向けて利用するしかないですよね?

どうですか?そんな成功者の性質、知りたいとおもいませんか?

ちなみに、成功者の方々のこんな名言があります

「一方はこれで十分だと考えるが、もう一方はまだ足りないかもしれないと考える。
そうしたいわば紙一枚の差が、大きな成果の違いを生む。」 松下幸之助

「人間はどんなにすばらしい能力を持っていても、自分一人ではその才能を発揮することはできない。
自分を助けてくれる仲間を持つことによってその力を発揮できるのである」 浅野八郎

他にもありますが、成功者の方々の言っていることは本当に胸に響きますね!
確かにそうだ!と気づかされる部分がたくさんあります

例えば、もし自分がその成功者のような思考を持ち、行動に移すことができたら!?
もちろん成功に近づけますよね?

前回でも取り上げましたが、なぜ成功者はパーソナルコーチをつけたりエグゼクティブコーチングに数百万以上の費用をかけるのでしょうか?

そもそも成功者の方々の資質や能力を持っていたら、コーチなんて必要なさそうですよね?

しかし、成功者の方々は、原理原則を知って、それをうまく活用できるようにするためにコーチングを受けています

どうですか?あなたは、うまく活用できていますか?

中には「快楽原則」という言葉があります
人が「快」を求め、「痛み」を避けるという性質を理解し自分でも、原則を活用している人が多いです

ごくまれに、この原則を知らずして生かしている場合もありますが、、、

簡単なことで活かせます
他力本願なのに活かせるとのこと
そして、簡単に活かすことで、成功は自動であり、加速されるわけです!

例えば、、、

タバコを吸うことに「快」を感じる人もいれば、逆に「痛み」を感じる人もいます

タバコを吸うと、落ち着くし、リラックスする
友達とのコミュニケーションに役立つし、かっこいい

このようにタバコを吸うことを紐付している人と、

タバコは健康に悪いし、においがついて臭い
友達に煙たがられてコミュニケーションの妨げになるし、かっこ悪い

というようにタバコを吸う人を紐付している人もいます

どちらの人が健康でいられる確率が高いでしょうか?

当然後者ですよね?

これと同様で、成功に向けての行動一つ一つにどのような意味づけや、どんなことを紐付ているか?が成功するかしないかのカギになると感じました

多くの人が禁煙に成功しています

禁煙に成功する人としない人の違いに目を向け考えてみると、その成功メカニズムが紐解かれ、人生の成功や経済的成功にもつながり、結果が出せることがわかりました

「快楽原則」とは、人間に生まれつき備わった無意識的、衝動的に快楽を追及するという傾向を表す用語になります

「現実原則」とは、現実生活に適応するために、快楽だけを追い求める本能的欲求を、一時的または永久にあきらめることを表す用語になります

必要であれば充足を延期できるようになります

今回は、本来、人に備わっているとされる「快楽を求め、苦痛をさける」という性質を、自分の成功に役立ててみましょう!

人によって、経済的成功に向けた行動に対し「痛み」を感じる場合もあれば「快」を感じる場合もあります

ネットビジネスで考えると、、、

「今日も疲れたし、また今度にしよう」
「明日でもいいや」

となる人と、

「楽しいし今日もやらなきゃ!」
「眠いけど30分だけやってから寝よう!」

では、後者が成功できそうですよね?

このような思考で行動した人としてない人の差は、1日の中でも数時間できてしまうため、1週間、1か月、1年とたつにつれ、その差はどんどん広がっていってしまいます

その差が成功する人と挫折する人の違いになります

成功に向かっての行動を「快」にすれば、継続して行動できると思いませんか?

ではどのように「快」にすればいいか?ですが、、、、

作業をして報告すると褒めてもらえる環境に身を置くことが大切です

2060.png

定期的にコーチングを受けれればいいですが、その環境の中にあなたはいますか?

コーチング練習でコーチ役とクライアント役を決め、コーチ役は傾聴することとし、また、褒める、認める(励まされる)ということを大切に行うことにより、クライアント役の自己重要度が満たされやすくなります

このような環境にいれば「快」があるため成功に向けた行動がとれるわけです

快を求める⇒脳内物質で気持ちいい⇒もっとしたい⇒強化

成功体質を手に入れるために、成功を自動化する「快」の書き換えをしましょう

そんな中いいスクールを見つけました!
ぜひ受講してみて下さい!

iBSAスマホアフィリ通信講座

The following two tabs change content below.
ハル

ハル

初めまして!ハルです! 二人の子供がいて将来のことを思いネットビジネスを始めました。 また、いつ本業が倒産またはリストラされるかわからないため、 今のうちに安定した収入を得られるよう頑張っています。 成功者のいるこの環境に飛び込んだはいいが、まだ右も左もわからなくためらってますが、 確実に成功を勝ち取ることができるよう取り組んでいきます。 共にがんばりましょう!! 宜しくお願いします!!

成功する秘密と成功の自動化」への2件のフィードバック

  1. inoway より:

    ハルさん、
    先日は訪問コメントありがとうございました♪

    inowayです。

    快楽原則・・・

    確かに、実践し確認してもらって褒められればモチベーションも高まり、作業効率とともにスキルもガンガン上達するでしょうね。

    そういえば、私はどっちかっていうと明らかに『褒められて伸びるタイプ』だと思うんですが、昔から先生も上司も叩いて伸ばそうとしてくるんですよね。

    ちなみに褒めるのは得意です。

    ということで、とてもいい記事でした。

    あ、全然上手に褒めれてないや(笑)

    1. ハル ハル より:

      Inowayさん
      ありがとうございます

      私も褒められて育つタイプだと思います

      継続は力なり
      と言いますが、その継続させるということが本当に難しいんですよね

      途中で挫折しないよう頑張っていきます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です