ニューロプログラミング(成功者の秘密)成功の引き寄せの法則とは

成功者の本を読んだり、成功した人について考えたりすると、

成功者の多くは、「アウトカム」思考であるということに気が付くと思います。

「アウトカム」とは目標のゴール設定のことです。

 

 

失敗しても、失敗しても、その状況を再構築して、

成功の種としてとらえる姿は、ものすごく楽観的な人に見えたりします。

 

 

そう言った捉え方以外で、次のようなフレームで見てみると、あなたが成功する為に役立つリソース(自分の資源)になると思います。

 

 

『失敗しても、その都度、アウトカムに再焦点化している』

失敗に直面して、少しぶれたとしても、すぐに本来の目的や目標に意識を向ける!

つまり、他の人より「アウトカムに対してブレが圧倒的に少ない」と言うこともできます。

 

 

失敗して落ち込むことがあったとしても、いつまでも失敗したことに焦点を当て続けません。

もう一度、アウトカムに再焦点化します。

 

そして、現状を分析・認識して、アウトカムとのギャップに目を向けます。

 

 

結局は、そのギャップを埋めることがアウトカム達成になります。

 

失敗したことに焦点を当ていて、いつまでも落ち込んでいてもアウトカムに近づきません。

 

失敗した事実や失敗したという落胆の思いに焦点化することは、その人を弱い状態にします。

 

弱い状態では、成功に近づくことはできないでしょう。

 

 

反対に、今とアウトカムの差に意識を向けて、あと何をどれくらい積み重ねれば良いかを考えます。

どの程度アウトカムに近づくかに焦点を当てている人は、成功に適した良い状態になっています。

 

 

成功者のリソースとして考えられる「ステートコントロール」は、状態管理の一つと言うこともできます。

 

成功する為にモデリングしたい部分ですね!

 

 

 

失敗したことを「これも成功する過程の学びだ!」と、リフレーミングして成功の糧にします。

視点を変えてアウトカムに再焦点化に進むことで、いち早く達成に向けた次の一手を選べます。

 

成功するまで、成功に焦点を当て続ける人が成功者になるということです。

 

 

これが「成功者とはアウトカム志向」と表現した理由です。

 

 

このことから「アウトカム志向」を1つのスキルと捉えた時に、

無意識レベルで「アウトカム志向」をインストールすることが、成功にとても役立つと考えています。

 

 

アウトカム志向を無意識レベルまで、インストールしていきます。

その状態になれば、「自動成功状態になった」と言っても過言ではないでしょう。

 

 

なぜなら「アウトカム志向」が自動プログラムとして、無意識レベルまでインストールすれば、

意識しなくてもプログラムが動作するということになります。

 

 

そうすると、意識していない時でも、設定していたアウトカムに焦点を当てる機会が増えます。

 

 

アウトカムを設定すれば、何度もアウトカムへの再焦点化が起ります。

 

一呼吸して落ち着けば、アウトカム志向が顔を覗かせます。

 

 

そういった連続の中で、設定したアウトカムが無意識に刻まれることになります。

 

 

設定したアウトカムが心と体に刻まれることは、日が経つごとに、アウトカム達成に必要なスキル習得が進むことに繋がります。

 

 

 

 

「自動成功状態」とは、次のものです。

 

○アウトカムを無意識に刻み込むこと

 

○必要なスキルを学習の4段階目(無意識的有能力)まで磨き上げること

 

 

 

この状態は「アウトカム志向」を無意識レベルにインストールすれば、

時間の流れの中で、必然的に成功へ到達するようなイメージを持つことができます。

 

 

「私は、成功して当然だ」

「私は、お金持ちになることができるのは当然のことだ」

 

成せば成る、成るべくして、成るという感覚が、あなたの成功を支えます。

 

成功することが自然に感じる有能力感が、成功する心の土台となるからです。

 

 

 

 

 

 

 

「アウトカム志向」のプログラムを無意識レベルにインストールしませんか?

 

その最も優れた方法が、ニューロ言語プログラミングで可能です。

 

 

アウトカムに関するモデルやワークを多く体験したり、練習したりします。

 

日常的にも使うようにしていくと、適した場面でアウトカム志向になることが可能です。

 

 

 

 

 

アウトカム志向が染み付いていれば、毎日、あるいは日に何度も、

そのアウトカムに焦点が当たり、願いが無意識レベルに刻み込まれます。

 

無意識レベルで、そうなることを当然だと感じる人は、それが達成できるまで繰り返し、いずれ到達します。

 

 

 

 

 

そのアウトカム達成に必要な能力を有するようになります。

 

 

「成功を目指す時に、まずはアウトカム志向を無意識に入れ込もう!」

 

このようなスタートを切ることができれば、それは、そう思わない人に比べて加速的に早く成功すると言えます。

 

 

 

 

 

 

 

アウトカム志向になるまで、アウトカムフレームを使い、活用しまくる!

 

 

これが加速成功(スピード成功)の秘訣ですね。

 

 

 

 

設定したアウトカムが心と体に刻まれた時、巨大なパワーの無意識が、アウトカム達成を後押ししてくれます。

 

 

24時間、ずっと、アウトカム達成にベクトルが向いている自分。

 

その首尾一貫した状態は、大きなパワーを持ちます。

 

 

無意識が、成功に関して必要な情報をサーチしている状態です。

 

 

 

 

アウトカムを、成功やお金持ちになることに設定して、アウトカムフレームをたくさん使ってみましょう。

 

 

 

 

目標設定してからの読書、目標を紙に書くことなど、ニューロ言語プログラミングにはアウトカム志向を強化するものがたくさんありますね!

 

どんどん使って強化していくことで成功を引き寄せてください。

 

 

 

 

 

 

アウトカム outcome は、外から来るものですから!

 

アウトカムを自分の方に引き寄せているということになりますね。

 

 

ニューロ言語プログラミングは、成功への扉を開く鍵(キーポイント)です。

 

 

 

成功者が成功する秘密とは、ズバリ!

【アウトカム志向】プログラムの無意識へのインストールと言えます!

 

 

 

 

そのためのニューロ言語プログラミングを学びましょう!

下記にあるビジネススクールの心理術講座などで、さらに詳細に取り組んでいくことができます。

 

このブログを書いている僕が、実際に受けているインターネット塾です☆

BMTSprogram】(business mentalpsychological technique school-program

The following two tabs change content below.

teppeijuku

高校理系卒。立命館大学理工学部応用化学科、立命館大学院物質理工学卒。 それを活かしてメーカーで化学材料の研究開発を12年。 山や川など自然と運動が大好きで、これまでの知識や経験を活かして、独学で運動理論や栄養理論を学び、健康法や病気のメカニズムについて独自の表現で発信しています☆ これから、IBSAとメンズラブライクの活動を通じてレベルアップして、独立して自分の店を運営するのが大きな夢です。兵庫県神戸市出身、川西市在住で、家族は妻と、3歳の長男、1歳の長女、4歳のオス猫です。

ニューロプログラミング(成功者の秘密)成功の引き寄せの法則とは」への2件のフィードバック

  1. 赤瀬友道 より:

    アウトカム志向を無意識レベルまでもっていくことが、加速成功につながりますね。

  2. teppeijuku より:

    常に無意識に頭の中で目標を意識している状態が最高ですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です